noise pop

自分の生活が第一

ゴキブリ

スーパーバッド 童貞ウォーズ」と「ギャラクシークエスト」という井手さんがフィルマークスでおススメしていた映画をツタヤで借りて来て観たらどちらもかなり面白くて、井手さんのオススメする映画は絶対に観なくてはいけないと思う。確信に変わる瞬間。「アメリカ」「高校」「童貞」「卒業」というワードがある映画は多分大体好きなのですが、童貞ウォーズは今まで観なかったのは多分タイトルが酷かったから。童貞期というか青春の第1章の終わりみたいなシーンが交通事故みたく突然出て来て笑えたしおおっ…と思った。あとはめちゃくちゃ頭がおかしい両津勘吉みたいな警官2人が出てくるのだけど、その2人が良い味を出していて「俺も若い頃ああだったな〜」みたいに無軌道に暴れまわる若者を温かく見守っていてそれが一番良かった。井手さんのオススメする映画は全部見る勢いで…。

レコードとCDを整理。CDはほとんど処分しようと思っているので、この前原田くんが家に来た時「好きなの持って行って良いよ」と小粋にCDの掴み取りみたいな状態にしてしまった。原田くんは的確に良盤を選択してこられる。大学1年で初めて1人で東京に行った時にユニオンで買ったtoothpaste2000のアルバムを久し振りに聴いたらめちゃくちゃポップなヴァセリンズみたいでやっぱ良かった。unicornsは同じアルバム2枚あったのにどちらも中身が入っていなかった。この前のアマゾンのセールで買ったSalada BoysのMetalmaniaというアルバム、80年代のアルバム2枚と編集盤出して解散したネオアコバンドみたいで好きだなと思う。

この前、大島てるで地元の青森県八戸市を検索していたら、小さい時によく行っていた市民プールの脇道(帰り道に必ず通る)があり、そこの道に猫の足みたいな形の木があったことを思い出した。そこには確か神社があって街灯も少ないから夜通るとそこそこ怖かったりするのだけど、その猫の足木を見ると(猫の足だ!)とテンションが上がって怖さが軽減される・・・という人に優しいスポットだった。その近辺で人が死んでてもまあおかしくないわなと思っていたのですが、その辺りは特に何もなくて、そことは全く関係のない少し離れた場所で数年前に焼身自殺があったらしいです。めちゃくちゃ怖いです。「あそこだ!」とその場所が容易に想像できる場所だから怖さも2.5倍増しですね。もう忘れます。

金曜日は奥さんとミヤサコと4人で接客がヤバイことになっているガストで深夜2時までゴキブリポーカーをやって結構楽しかった。ルールは説明が面倒くさいから各々が調べてもらうことにして、そのルール自体が4人で全く共有できていなかったので、あれ?みたいに整合性が欠ける瞬間がかなりあった。ゴキブリポーカー前に食べた晩御飯が消化が全然出来ないからずっとトイレに篭っていた。最近トイレに篭って重要な場面を見逃したり仲間外れにされたりする局面がかなりあるので気をつけたい。宮田さんが「ファミレスでゴキブリポーカーやる時は声を大きく出さない方がいいです。飲食店で『ゴキブリ!』って叫ぶと・・・」と日曜に伝えてきて金曜に教えてくれと思った。最近仙台でもゴキブリが増えてきてそんなに驚かなくなってきた。終わり。

f:id:chinpan_club:20181008232430j:image

歌っこ広場やまびこ10月

歌っこ広場やまびこ10月

10月13日(土)開場17時

会場 : となりのえんがわ

(JR仙石線 陸前原ノ町駅より徒歩5分)

入場料 : 3000円(菅原バンドお手製カレー付き、ドリンク代別)

▼出演

菅原 慎一BAND

原田晃行(Hi,how are you?)

O.A. あしだともみ

▼BGM係

DJ生活

▼予約

歌っこ広場やまびこ10月

f:id:chinpan_club:20181006025951j:image

歌っこ広場やまびこも早いものでもう10回目です。今回は宮城野区にあります「となりのえんがわ」を会場に、シャムキャッツのギタリスト菅原慎一さんのソロバンドをお呼び致します。菅原バンドとしては初仙台となります。シャムキャッツとは違ったソングライターとしての菅原さんがとても楽しみです。共演はハイハワユー原田くん(夢でバッタリおめでとう!)、オープニングアクトにあしだともみさん(あーしーちゃん)です。

今回はカレー狂の菅原さんが作る特製カレーが付いてきます(何系かは分かりません!)。以前東京に行った時、菅原さんがバイトしていたというカレー屋さんに行きましたが感動を覚えるレベルでした。めちゃくちゃ楽しみです。

そして今回の会場「となりのえんがわ」は宮城野区にあります宮城野納豆工場の築80年の倉庫を改装したフリースペースです。宮城にお住いの方ならスーパーで見かけたことがあるかもしれない、あの宮城野納豆です。天井が高くて木の温もりが感じられる空間です。仙台にこんな場所があったんだ!という気持ちになります。

気づいたらもう来週でかなり驚きましたが、ご予約がまだお済みでない方はお早めにお願い致します。まだ歌っこ広場に来たことがない方にもいつも来て頂いている方にも来てもらいたいです。宜しくお願いします。

soundcloud.com

youtube.com

 

肩が痛くて病院に行った話

先々週の三連休は病院に行ってあまり楽しくなかった。土曜日の午前中だけ仕事をしていたら左肩に強烈なダルさが襲ってきて、そのまま帰宅して湿布を貼ったら肩のダルさは取れたのだけど、今度は左脇腹が猛烈に痛くなり、要するに痛さが左肩から左脇腹に移動しただけだった。そんなこと本当にあるのかと疑問に思うけどこれは本当にそうだった。原田くんが山形から遊びにきていたので奥さんと3人でアンジャッシュの渡部が褒めていたトンカツ屋(近所にあった)に行きトンカツを食べ腹が膨れて来たな…と思うと同時に左肩と左脇腹が徐々に痛くなり、終いには笑うと立っていられないくらい痛くなるから笑わせないでくれ!頼む!と原田くんに伝えたのだけど案の定めちゃくちゃ笑わせられ、立っていられなくなるくらい痛くなって帰宅。夜は原田くんと奥さんとミヤサコと勇光さんでキングオブコントを見て更に左肩と脇腹を痛め、寝ていてもあんまり良くならないので次の日の日曜に河原町の緊急外来へ行った。「最新の血圧計を買ったのだけど昨日今日と測定して血圧が高かったから来た」というあまり緊急性がない患者もいたけど、緊急外来側からしたら三連休の中日の日曜に左肩と左脇腹が痛くて笑うともっと痛くなるんです!と駆け込んでくる奴も大してそれと変わらないと思う。レントゲンを撮影しても肺などには特に異常が無く「どこにも異常がないですね…なんなんですかね…」と医者が聞いてきて僕は「そういえば最近便が出てないからもしかしたらそれと関係があるんですかね…」と数ある選択肢の4番目くらいの可能性を試しに提示したら「ああ!そうですね!それですね!便秘薬出しておきます!!」と原因は酷い便秘ということになり3分で診療が終わり便秘薬3錠もらって帰宅した。その便秘薬のおかげでは絶対にないと思いますが、日曜と月曜にトイレでめちゃくちゃ踏ん張っていたら少しずつ便の調子も良くなり、今では日常生活を送れるまでに回復しました。三連休は予定も沢山あったのだけどほぼ寝ていた。どうでもいいけどこの前「ちょっと〇〇に顔だしてくる」と普段使わない言葉で背伸びして伝えてみたら奥さんとミヤサコから「顔だしてくる、っていう奴にロクな奴はいない」と言われたので、そんな言葉を使っていると思った瞬間に一気に恥ずかしくなって来て、それ以来「顔だしてくる」ではなく「お邪魔してくる」と言うようにしている。

 

最近めちゃくちゃ色んなところに行っている。9月の頭は大阪に行き、先週は札幌に行った。なので今年は往復で6回飛行機に乗ったのですが「peachは他の飛行機より安いのは飛ばなかった場合の保障がないから。あと機内が狭い」という知識を奥さんに植えつけられて人としてのレベルが少し上がった気がする。あとpeachのCAは目が笑っていなくて怖い気もする。僕は旅行に行くとその地方のレコード屋さんに行くのですが、それは僕のワガママで無理矢理スケジュールにねじ込んでいるも同然のもので、そんなバカ殿みたいなワガママを考慮した上で旅行の日程を設定している奥さんには頭が上がらない。大阪の時は僕と奥さん奥さんの妹とその彼氏の4人で行ったのですが、2日目の昼過ぎから僕だけ特例で自由時間を与えられ、原田くんに勧められたハンキーパンキーレコードに行ってみたら理想のレコード屋みたいな感じで相当テンションが上がった。inspipal carpetsのisland head e.p.の青春の無敵感があるジャケットとかcretinsの脱臼初期パンクなレコードとか良かった…。リュックにレコード閉まったらめちゃくちゃパンパンで四角くなって鈍器みたいになりました。大阪は高校の修学旅行でアメリカ村に行って高価なジーンズを店員に買わされたり、USJバックドラフトというアトラクションに僕のゴリ押しで無理やり乗ったら全然面白くなくて皆から非難を浴びたりであまりいい思い出がなかったのですが、今回は良い思い出が増えたので良かった。あと井岡のボクシングジムがあって(井岡…)と思った。

 

そして札幌では地下通路でリュックの紐が切れてしまいリュックなのに片方の肩しか使えなくてかなり滑稽な人になってしまいましたが、タッツが30秒くらいで直してくれたので人としてのレベルが違いすぎて愕然としてしまいました。シャムキャッツとミツメのライブを観に行き、その後に奥さんと東京のプロ客のジュンコさん(先日の歌っこ広場の動画バズってた)と3人でたまたま同じ日に札幌でやっていた井手さんのライブを梯子したのですが、結局時間の関係で井手さんは見れず、見れずというか会場がめちゃくちゃ入り辛くて外でおてもやんとロシアの兵隊が漏れてくるのを3人でただただ聴いていて(名曲…)と思いました。台湾料理屋で初対面の人の誕生日を祝った。店内BGMが店員さんのiPhoneから流れていて、それがVOOIDとかMidnight Ping Pongとかで良かった。次の日はサンドイッチ屋のサンドリア(24時間営業!)に行き朝から大量のサンドイッチを見たらテンションが上がった。その後ジュンコさんをレンタカーに乗せて空港まで行ったのですが、その空港の近くで野生のキツネを見てぶち上がった。札幌は回転寿司のトリトンセイコーマートがサイコーなので早く宮城にも進出してほしい所存です。新千歳空港の寿司屋のえびぶどうが一貫2950円だったので1年に一回くらいのペースで食べたい(食べませんでした)。

 

今週末は山形へハーフマラソンへ行く予定ですが、昨日奥さんから「台風が来てるから中止かもね」と言われ、天気予報を見たら本当に台風が直撃する流れになっていて、僕は心の何処かで(練習で累計5キロしか走っていないから完走は難しい…)と思っていたかもしれないので、それを聞いた瞬間笑ってるのか悲しんでるのかわからない表情になってしましました。奥さん曰く「人間の体は20キロは走れる構造になっている」とのことなので、仮に出走出来ることになってもバッチリ走れるとは思うので中止になってしまったらやはり悲しい。これだと「奥さんをぶっちぎりで突き放してゴールしてめちゃくちゃ馬鹿にする」という僕の野望が実現できなくなってしまう。使い捨てカメラを現像したらこの夏の風景とか良い感じに撮れてて、それがどれも青っぽかったのでそれくらい日曜は晴れてほしい。ミヤサコも走ればいいのに。終わり。

f:id:chinpan_club:20181003234616j:image
f:id:chinpan_club:20181003234628j:image
f:id:chinpan_club:20181003234622j:image
f:id:chinpan_club:20181003234638j:image
f:id:chinpan_club:20181003234633j:image

f:id:chinpan_club:20181004000324j:image
f:id:chinpan_club:20181004000334j:image
f:id:chinpan_club:20181004000252j:image
f:id:chinpan_club:20181004000255j:image
f:id:chinpan_club:20181004000246j:image
f:id:chinpan_club:20181004000300j:image
f:id:chinpan_club:20181004000316j:image
f:id:chinpan_club:20181004000338j:image
f:id:chinpan_club:20181004000343j:image
f:id:chinpan_club:20181004000356j:image
f:id:chinpan_club:20181004000320j:image
f:id:chinpan_club:20181004000304j:image
f:id:chinpan_club:20181004000329j:image
f:id:chinpan_club:20181004000310j:image
f:id:chinpan_club:20181004000348j:image
f:id:chinpan_club:20181004000352j:image

歌っこ広場やまびこ9月も終わりました。

三連休初日の土曜日は歌っこ広場やまびこ9月を行い、無事に終了しました、出演して頂いたミツメ・川辺さん、Alfred Beach Sandalさん、会場のgarden hairさん、ご来場頂きました方々、ありがとうございました。歌っこ広場やまびこも今回で9回目となり、気がつくともう夏も終わりかけていたのですが、そういう季節の移り変わりもあまり感じられないくらいあっという間だな〜といつも思います。歌っこ広場やまびこは基本的に土日の昼間に行うというスタイルですが、今回は夜の19時からということもあり新鮮な感覚もありました。

当日は奥さんと二人で仙台駅まで川辺さんと北里さん(ビーさん)を迎えに行き、仙台市内を歩いていたらいつも鳩がめちゃくちゃ溜まっている鳩の社交場みたいな場所を通りかかり、そこを奥さんが2人に紹介していました。2人は「だからどうした?」みたいな顔をしていましたがそれでもよかった…。会場に着いたら2人は「ここでやるのか!」「美容室でやるのは初めて」とかなり驚いていて、北里さんに至っては「前回は喫煙所(ライブができる喫煙所というものが仙台にあります)で今回は美容室で、いつも変なところに誘ってくるな」と多分良い方の意味で仰っていました。よかった…。

ライブもリハーサルの時点でじっと見入ってしまう濃厚さで、いざ本番となったらそれを上回るものが爆発していてかなり良かったです。先攻の川辺さんはミツメが持っているミニマルなアンサンブルが、1人の弾き語りでもうっすら滲み出ている感じがしました。ミツメの曲だけでなくソロの曲も弾き語りで演奏してくださり、どの曲も自然体、ここにある必然性みたいなものが感じられてものすごく良かったです。後攻の北里さん(ビーさん)は淡々と自分の音楽を鳴らしている姿にグッと来つつ、それでもふとした拍子にエモーショナルな部分が少しだけ見えたりして、想像を掻き立てられる感じがめちゃくちゃ良かったです。そして最後はミツメのエスパーを2人で演奏していたのですが、なんかグダグダな雰囲気も弾き飛ばすほどの曲線美みたいな演奏で、あの場で見れて本当に良かった!と丸2日経った今でも思います。本当にありがとうございました。

f:id:chinpan_club:20180917182442j:image

f:id:chinpan_club:20180917182451j:image

 

 

open.spotify.com

open.spotify.com

昨日の客入れ、転換中に流していたBGMです(ついでに8月の分も載せます)。今回は転換の時間が短く半分くらいしか流れていません…。最近はiPadを買ったのでそれをBluetoothに飛ばして流しています。

f:id:chinpan_club:20180917205746j:image

次の歌っこ広場やまびこは10月13日の土曜日です。ゲストはシャムキャッツのギター、菅原さんのソロバンドでカレー狂の菅原さんが作るカレーも付いてきます(詳細はまた後で書きます)。またよろしくお願いします。

たこつぼ

お盆くらいの話だけど奥さんが「井手さんのオススメだから」という理由でツタヤから借りてきた「デトロイト・ロック・シティ」という映画がめちゃくちゃ面白かった。そもそも井手さんのオススメする映画は全部面白く、井手さんが「泣いた」と言っていたから奥さんが借りてきたパディントンも観る前は「これはいかがなものか…」と井手さんを疑ってしまったけど、観終わった後はすぐに続編を借りるくらい面白かったのです。井手さんは知らないだろうけど、夫婦揃ってかなり井手さんを信頼している。デトロイト・ロック・シティは高校生4人が憧れのKISSのライブをデトロイトへ観に行くまでの道中を描いた青春映画で、登場人物が皆アホで良かった。なんやかんやあってデトロイトに着いた時に流れていた曲がチープ・トリックのサレンダー(ライブver)だったのがすごく良かった。この間、ツタヤの青春映画の邦画コーナーに一人で佇んでいたらめちゃくちゃ気持ちが高揚してきて、中二の時になぜかクラスの道徳の授業で観させられて、特に何も感じなかったけど「とても感動しました。良い映画」と感想を提出したら先生から「あの映画を観て何かを感じられるということはとても素晴らしい人間だと思います」と返されめちゃくちゃ複雑な気持ちになった「棒倒し」という映画のパッケージすら輝いて見えた。あ〜青春映画コーナー好きだな〜。

 

話はめちゃくちゃ変わりますが、最近前を歩いている人がいきなり転ぶことがとても多く、その都度「うわあ!」と声は出さないけどかなり驚く。その転んだ人、転んだというよりつまずいた人全員に言えるのですが、皆つまずいたあと「うおっと!」というちょっと粋な感じで体勢を立て直しながらダメージを軽減させるかのような軽やかなステップを踏み、そのまますごいスピードでどこかに消え去ってしまうことに気づきました。もうつまずいた時点で何をどう足掻いてもアウトだと思うのですが、群衆の中でいきなりつまずいたことに対する恥ずかしさと「俺に何もダメージはないぜ?」と無理やり全てを帳消しにする感じ。あれすごく好きです。あとは最近タバコを吸い始めましたという人のタバコを吸い慣れていない感じ。あれも観るとかなり高まります。ただひたすら一点しか見つめていないところと、肩が張ってる感じがめちゃくちゃ好きです。女の人だと尚良いです。

 

Amazonのセールでレコードを結構な枚数で買ったらまたAmazonからそこそこ容量が大きいダンボールが4箱くらい届き、奥さんから「何を買ったのか」と詰問されたけどもう根回しは済んでいた。そろそろ届くな…という前日に奥さんに「ちょっとレコード頼んだからそろそろ届くかもな」「CDはもうほとんど要らないから処分しようかと思ってるんだよね」「Amazonで買ったから大阪(山形の次の日に大阪に行きました)ではあんまり買わなかったんだよな」と独り言のようにつぶやき、正直奥さんが聞いてようが聞いていまいがそんな事はどうでもよくて、そういう意思があるんだ俺はと示すことが何よりも大切なのです。結果、根回しが成功したのか奥さんは大量のレコードに特に反応することなく、いつも通りミヤサコとメールをしてアヒャヒャと笑っていて、それを見て「ギリギリの勝利だった…」と思いました。レコードはどれも良かったです。The Proper Ornamentsが夏の幻みたいな雰囲気で良かった。Supreme Dicks最高!関係ないけどこの間宮田さんが「このブログを読むときは検索ワードに『奥さん』または『彼女』と入れて読んでいる。理由はそのワードが入っている記事が面白いからだ」と仰っていて、音楽の話は一切どうでもいいという姿勢がめちゃくちゃ良くて感動した。

Foxhole [12 inch Analog]

Foxhole [12 inch Analog]

 
Unexamined Life [Analog]

Unexamined Life [Analog]

 

 

 

9月1日

先週の土曜日に僕と奥さんとミヤサコ(宮田とみさこ)の4人で山形に行く予定があった。僕は流されるがまま生きているので、山形にどうやって行くか(交通手段)は他の3人が話し合いで決めるっぽかったから何も言わないでおいたら、なんか全然まとまっていない空気でとても大変そうだった。その数日前、仕事終わりに奥さんから「ガストにミヤサコといるから来たければ来れば?」と挑発的なメールが届きムッとして、こんな態度を取られて普通の人だったら行ったら負けだと思うのかもしれませんが、僕はとてもお腹が空いていたから行くことにした。3人は僕が着く3時間くらい前からいたらしく、内訳を聞いたら1時間はこの店の悪口で、あとの2時間は聞いたけど忘れた。僕はバカで尚且つお腹が空いていたので「肉盛り!ワイルドプレート」というメニューをジッと見つめていたら奥さんがミヤサコに「宮崎が何食べようとしてるか当ててみる」と勝手に手品を披露し始め、結果的に「肉盛り!ワイルドプレート」を的中させミヤサコから「すごい!」「さすが!」と賞賛を受けていたけど、俺の目線と夫婦の勘で大体分かるだろと今では思うから別にすごくないし。帰るときに今日のこの集いが山形行きの相談を兼ねていたものであると奥さんから今更宣告されたのですが、少なくとも相談どころか「肉盛り!ワイルドプレート」が到着して僕が食べようとしたら「食レポしてみてくれ」とめちゃくちゃ影で嫌われてるウザい人みたいな絡みをしてきて厄介だった。ガストの店員のやる気が全く無くてすごかった。

結局山形へはバスで行くことにして当日、集合時間までの空いた時間、奥さんと2人で仙台駅周辺を歩いていたら原因は忘れたけど奥さんと口論になり「もういい!」という感じになった(男のもういい!は半ば呆れが混じっているもので、女のもういい!は別によくないのに発することが多い。この違いで男女の喧嘩が勃発する。とこの前何かで読んで共感し過ぎて震えた…)。そして「もういい!」の空気が我々を包む中、バス停に向かっていたら奥さんが「レコード売ってる!」と伝えてきて、見たら本当に道端でレコードが500円均一で売っていてテンションがめちゃくちゃ上がった。ストーンズのblack & blueとスパークスのNo.1 Heavenと高田渡を購入して奥さんと仲直りした。そうしている間にミヤサコが到着。タイミングが良い!バスに乗ってすぐ、運転手が「車内で爪を切るのは止めてください」とアナウンスしてきたけど恐らく誰も切っていなかったので怖かった。僕は宮田さんかみさこさんが切ってるもんだと思っていた。切りそうじゃん、あの人達…。爪切りバスは山形へ進む。

山形に着いて以前原田くんが「ここのあんかけ焼きそばは山形で一番美味い」「山形に来たらここに来なきゃダメ」くらいに言っていた中華料理屋で昼飯。内装も綺麗でここは名店だ!という雰囲気が確実にあった。あったのだけど料理が来て口に運ぶ度に気のせいか皆が無言になって来た。僕もなんというか心の中にモヤがかかったような精神状態に陥り、多分他の3人もそれと似た感じだったと思うのですが、誰もそれを口には出してはいけない、出したら負けだよ、みたいな面構えだった。そして会計して外に出てから奥さんが「あまり美味しくなかった」と言ってきて、ああ!遂に言ってしまったか!と思った。あんまりっていうか普通に美味しくなかった。宮田さんがドムドムバーガーに行きたいとかなり前からずっと言っていたので渋々連れて行く。そこで大富豪をやりたいらしい(宮田さんは大富豪に取り憑かれている)。やらなかった。やる予定もなかったと思う。誰もトランプ持ってきてなかったし。

ストリートシャッフルに歩いて移動して原田くんと夏目さんのライブを観に行く。歩いている途中、皆が昔いじめられた経験があると告白し出してなんか変な空気になった。奥さんはいじめられたら倍にしていじめ返すタイプらしいです。見習いたい。会場に着いて人が沢山いたから一番前の原田くんの横で体育座りして見る羽目になる。原田くんに「あそこの中華料理屋、言うほど美味しくなかった」と言ったら「そこは普通だよ」「駅前だとまだマシな方」と言われ、あれ?と思ったら奥さんの勘違いだったらしいです。いい加減にしろよ。ライブ。8月の歌っこ広場に続いてラスト2曲(ふたりのり、夢でバッタリ)にタンバリンで参加。終わった後に原田くん、奥さん、ミヤサコから「前回より酷かった」と失神するほどストレートな感想をぶつけられ、ショック過ぎてそこから記憶が消えてしまいました。いつまでもショックを受けている様が悲しくなったのかミヤサコが「とても良かった!」と本当に遅すぎるフォローをしてきて奥さんが「でも前回より酷かった」とそのフォローをぶち壊しにするというやり取りが10回くらい続き、僕は熱いお湯と冷たい水を交互にかけられる人の気分を味わう。あの原田くんもフォローしてきたけど奥さんが「でも前回より酷かった」と、そのフォローまで台無しにしていた。そして落ち込んだまま山形を後にしました。次に山形に行くときは10月の山形ハーフマラソンなので、開始10秒で奥さんを置き去りにしてぶっちぎりでゴールしてやりたい。そしてめっちゃバカにしてやりたい。それが僕の今の夢です。終わり。

f:id:chinpan_club:20180905214940j:image

歌っこ広場やまびこ9月の詳細

歌っこ広場やまびこ9月

2018年9月15日(土) 開場19時

会場:garden hair (仙台駅より徒歩5分)

入場料:2500円

 

▼出演

川辺 素(ミツメ)

Alfred Beach Sandal

▼BGM係

DJ生活

▼予約

歌っこ広場やまびこ9月

f:id:chinpan_club:20180901202233j:image

歌っこ広場やまびこは夏を通り過ぎ秋になります。9月は仙台の青葉通りがよく見える美容室・garden hairさんを舞台にミツメのボーカル・川辺素さんと、昨年10月の歌っこ広場やまびこにも出演して頂きましたAlfred Beach Sandalさんの御二方をお迎えして開催です!

川辺さんは先日、自身初のソロ作品をカセットテープでリリースされ、それと並行してバンドも精力的に活動中です(先日のフジロックでも拝見し、すごく感動的でした)。Alfred Beach Sandalさんも様々なジャンルの音楽を落とし込んだ、素晴らしい曲の数々で、それをまた聴けるのが楽しみです!

現段階で予約もかなり埋まって来ているので、お早目にご検討頂けると幸いです。よろしくお願いします!