noise pop

自分の生活が第一

歌っこ広場やまびこ忘年会

歌っこ広場やまびこ 忘年会

夏目知幸「まじなま」仙台編

 

12/28日(金) 開場 20:00〜

 

BAR&EVENT HOLE Tiki-Poto

(仙台市営地下鉄 勾当台公園駅 徒歩3分)

 

入場料:2500円(D代別)

 

▼出演

夏目 知幸(シャムキャッツ)

 

▼BGM係

DJ生活

 

▼予約

歌っこ広場やまびこ忘年会 夏目知幸「まじなま」仙台編

「歌っこ広場やまびこ」は12/23の公演(ゲストはハイハワです!!!!!!)が最終回となりますが、その5日後の12/28(金)に、急遽忘年会と称してもう一回行うことになりました。ゲストはシャムキャッツの夏目さんです。今回は完全生音のライブとなります。リクエストも受け付けておりますので、予約フォームのリクエスト曲を記載する欄にどしどし書いて送信して下さい。会場は国分町にあるTiki-Potoさんです。予約も金曜から開始して残りあと数枚という感じで、年末なので時間の調整が難しいと思いますがお早めにお願いします。

そして本編も宜しくお願いします。12/23の14時から「となりのえんがわ」でやります。1年間続いてきたシリーズは今回でひとまず終了します。何の足しにもならないと思いますが、僕が書いた本(歌っこ広場やまびこの1年間をまとめて加筆修正しました!)も多分この日に出せそうです。28日には売らないです。売れ残ったら燃やすんです。

歌っこ広場やまびこ12月

12月23日(日/祝) 開場14時〜

 

会場:となりのえんがわ

(JR仙石線 陸前原ノ町駅 徒歩5分)

 

入場料:1500円(D代別)

 

▼出演

Hi,how are you?

 

▼BGM係

DJ生活

 

▼予約

歌っこ広場やまびこ12月

f:id:chinpan_club:20181209100832j:image

札幌に行った(4人)

先週末は札幌へ行ってきた。今回は奥さんの他にミヤサコ(宮田さんとみさこさん)も付いてきて4人で行ってきた。今年既に2回札幌に行っている玄人の奥さんが2人に「札幌はとても良いところ」「案外安く行ける」という事を言ったらなんやかんやで一緒に行くことになったらしい。僕は特に誰にも言ってなかったけど修学旅行のようでテンションが上がっていた。宮田さんがみんなの分のしおりを作ってきたのだけど印刷をミスしてて順番がぐちゃぐちゃだった…。表紙にシールがたくさん付いていた…。今回かなりタイトなスケジュールで、7:40に仙台空港を発つ飛行機に乗らなければいけない。朝早く起きて仙台空港へ。ミヤサコに「僕らは今年飛行機に乗るの9回目くらいだから。まあ僕らについて来れば大丈夫だよ」みたいに若干の先輩面をかましていたところ、保安検査場でチケット絡みのトラブルが発生して検査すら受けられず夫婦共々チケットカウンターまで戻された。その時点で出発10分前。積み上げてきた権威が一気に失墜した気分になる。その後トラブルも解決して搭乗口まで走る、走る、走る…。なぜこんな遠くにゲートを設置したのか担当者に問い詰めたくなるくらい走った…。無事に飛行機に乗り北海道へ。飛行機の中で見る用にとiPhoneアマゾンプライムのブルースブラザーズをダウンロードしていて準備万端だったのだけど寝てしまったので1秒も見ずに北海道に着いた。まだ朝の9時前ということにものすごさを感じ、そのまま札幌まで移動して海鮮丼を食べに行った。千歳は全く雪が無かったのだが、札幌はめちゃくちゃ吹雪いていた。前に進むのも一苦労で、これはヤバイな…と一同が困ったいたら奥さんが「後ろ向きに歩けばいいんだ!」と近所の小学生みたいなことを言い出し、この人は何を言っているんだ…と苦笑いを浮かべていたらミヤサコが「なるほど!」と同調して暫く3人で後ろ向きに歩いていた。こんな話をちびまる子ちゃんで読んだ気がする。しばらく歩くと市場が見えてきた。今回は3000円の海鮮丼が500円、1000円のパフェが100円になるという結構お得なプランが付随してくる旅。早速席について3000円の海鮮丼を注文し、ふと壁に貼られた色紙を見たら全く知らない韓国の有名人のサインが大量に並んでいて違和感しかなく「どういう店だ…」と思い違う壁を見るとそっちには「タイのメッシ」と呼ばれる人のサインが飾ってあった。日本人は来ないのでしょうか。3000円の海鮮丼がやって来た。美味しいのだけどご飯が多いので皆が苦戦していた。海鮮丼のご飯は少ない方がいい。会計時、レジ横に大泉洋とか反町隆史夫妻のサインが貼っていた。日本人も来てるらしい。その後は白い恋人パークへ行く。引き続き吹雪いているので本当に白い恋人パークだった。7割くらいが中国からの観光客。その中国人観光客に宮田さんが写真撮影を請け負われカメラを構える光景を遠目に見ていた。入り口にクリオネが泳いでる水槽があり虫眼鏡で見ていたら奥さんが「気持ち悪い!」と叫んでいてびっくりした。飴を作る工程がガラス張りで見学出来て、更に備え付けてあるマイクで話しかければ飴を作っている人が忙しくても応えてくれるらしい。すごい職業だ。尊敬してしまう。奥さんが「ガラナ味の飴はどこで売っていますか?」と他の店員に聞けという内容をマイクで質問していて「これは無視される!」と思ったけど普通に応えてくれていた。ストレス溜まってそう…。絶対にやりたくない仕事だ。札幌市内へ戻り六花亭へ。初めて2階に上がった。ここに来たらバターサンドアイスを食べなければ始まらない。六花亭を出ると外で外国人の4人組がいて呼び止められ「コレハ"ロッカテイ"デスカ?」と聞かれたのでイエスと答えたら狂喜しながら入店していった。ほっこり…。ホテルへチェックインしたあとに1000円→100円のパフェを食べに行く。パフェを食べていたらみさこさんが「寒い…寒い…」と呟いていて、おそらく座った場所が換気扇の下だからだと思う。ポジションが悪かったな。そのあと皆がお土産を見ている間にサッとフレッシュエアー(レコード屋)へ移動。制限時間15分で色々見る。楽しいが短い。なんかブックオフでCDだったら500円で購入出来る名盤ばかりを購入した。Polyrockの2nd安く買えて良かったな。そして「みよしの」の餃子カレーを食べる。カウンターしかない店内で知らないおっさんを挟んで2:2で食べる。こっちは別に構わないのだけどおっさんが気まずそうだ。この頃になると皆の腹も膨れてきてカレーを残しそうだったので「ご飯残すなら俺が食べるよ」と3人のご飯を少しずつもらって全て完食した。皆が若干引いているのが感じ取れた。確実に腹がバカになっている。どこまでもいける気がする。そして3人と合流して豊平館という場所に向かう。国指定重要文化財らしい。今夜はここでSTUTS + Alfred Beach Sandalのライブがある。ものすごい偶然…。たまたま札幌に4人で遊びにきててその夜に札幌市内でAlfred Beach Sandalのライブあるのヤバくないですか!?と声を大にして伝えたい…。夜になると降り積もった雪が凍り出して路面がスケートリンクみたくなってきた。札幌の人もペンギン歩きになっている。豊平館へ到着。二階へ上がると大正時代そのまんまな薄暗い部屋にスピーカーやらが物々しく設置されていた。お洒落な人が多い。シャンデリアの真下に立っていたら奥さんが「そこに立っているとシャンデリアが落ちてきたときに即死する」と物騒な気遣いをしてきた。金田一少年の事件簿にこんな話ありましたね…。被害者の名前は日高織江。ライブが始まった。ビーサン・北里さんがスタッフ3人くらいに付き添われて入ってきた。ものすごいオーラだ…。演奏が始まると、もうそれは当たり前のように良いのだけど音が少し大きい気がして「大丈夫か?」と心配してしまった。歌っこ広場をやるとき、どうしても近隣への音の配慮ばかりに気がいってしまい、あまりに爆音だと外に出て警察が来ないかチェックしてしまうから…。北里さんの演奏は会場の雰囲気と見事に調和してて夢見心地な空間が広がっていた。とても良かった。転換中、みさこさんの生き写しとしか思えないお客さん(札幌のみさこ)を発見して思わず二度見してしまう。似てるとかじゃなくてもう鏡だった。札幌のみさこ…。ここ最近で1番驚いた…。そしてSTUTSの演奏が始まったのだけど、これがかなりの爆音で会場がビリビリに揺れてて心配から一気に不安にまでなってしまった…。お客さんもクラブとかライブハウスのノリで盛り上がっている。面白い光景だけど会場の不安ばかりが頭によぎってしまう…。途中、ビーサン北里さんが参加して何曲かコラボしていた。それがかなりカッコよくてビックリしてしまう。奥さんもミヤサコも衝撃を受けていたっぽくて帰り道ずっと「今何やってんのちょっと〜♪」と歌っていた。帰り道というか仙台に着いてからもその部分だけ延々と歌っていたので少し頭がおかしくなりました。そしてライブが終わったあとに北里さんに話しかけて「なんで札幌にいるの!?」と驚かせてやろう…というのが当初の我々の思惑だったのだけど、いざ話しかけたら「おっ、ああ…」と少しの驚きの後、すぐに体勢を立て直しましたみたいな反応だったので負けたと思った。ライブが終わり、24時間やっているサンドイッチ屋・サンドリアへ向かう。そこそこ遠い上に路面が凍結しているので全員ペンギン歩きで向かった。これを乗り越えれば…と思い頑張って歩いたのだけど、店の灯りが24時間営業なのに消えていてえっ!と思い近づくと「移転作業のため休業」という、現段階で最高最大の仕打ちを喰らい呆然と立ち尽くした。4人で怒り狂ったままペンギン歩きで移動して台湾料理のごとうへ。前回札幌に来た時にも行ったお店だけど、料理がかなり美味しい。先日、あまりの不味さに笑いが止まらなくなった仙台の台湾料理屋のおかげで、台湾に若干の苦手意識があったのだけどこのお店の料理は美味しい…。こちらの予想通り宮田さんが内装を気に入っていた。店内BGMは店主のiPhoneから流していて、それが台湾のインディー・メジャー問わない居心地の良い僕の知らない音楽ばかりだからずっとShazamしてしまう。ホテルへ。セイコーマートでソフトクリームを購入。寝る。

翌日。昨夜購入したソフトクリームを入れたのが冷蔵庫だったのでベチョベチョに溶けててその様が軽くトラウマものだった。泣く泣く処分。ホテルを出てお目当ての喫茶店を探すが、休みだったりめちゃくちゃ混んでいたりしたので以前行った喫茶店へ行く。後から奥さんと「あの喫茶店は蛇足だったな…」という話をした。新千歳空港へ。奥さんが「あっ!」と声を上げ1人の男性に声をかけると北里さんだった。よく後ろ姿だけでわかるな。北里さんにはパンロールをお勧めしておいた。立ち食いの寿司屋に行き、その後ソフトクリームを食べた。ここのソフトクリームを前回食べた時に僕はあまりの美味しさに概念覆されるくらいの衝撃を受けており、今回の旅の最大の目的はこれだったのだ…。皆も美味しい美味しいと言ってくれて満足だな、と思っていたら量があまりに多いため皆がどんどん無言になっていった。あれの小さいサイズがあればバカ売れすると思う。とある土産屋に置いてあったペッパー君がものすごい感じで幽閉されており裏に閉まっておけと思った。そして時間になり飛行機は仙台へ。今回はスムーズに乗れて良かった。帰路でもブルースブラザーズは1秒も見なかった。後で見ます。来年の春にまた札幌行きたいですね。誰かライブやっててください!楽しかった〜〜〜!終わり。

f:id:chinpan_club:20181207145519j:image
f:id:chinpan_club:20181207150701j:image
f:id:chinpan_club:20181207145727j:image
f:id:chinpan_club:20181207145723j:image
f:id:chinpan_club:20181207145719j:image
f:id:chinpan_club:20181207145523j:image
f:id:chinpan_club:20181207145515j:image
f:id:chinpan_club:20181207145715j:image

写真:奥さん、ミヤサコのどっちか

吉野家

仕事終わりに毎日利用してる駅へ行くと、本日銀杏boyzスパルタローカルズがライブしてるライブハウスが見えて「あそこに原田くんと後藤さんがいるのか〜」と思いながら電車に乗って帰宅。帰宅してから新しいドキュメンタルを見たら結構面白かったけど、ジミー大西うずらの卵のくだりで夫婦共々不快な気持ちになり、そのままびっくりドンキーへ行き夕食を食べた。その後、ライブ観覧終わりの原田くん・後藤さんと合流。原田くんに胸ぐらを掴まれる。5年前ならやってないだろ。僕ら夫婦はびっくりドンキーで食べた後なのでお互いのニーズに合致した店を探した。「松屋じゃない!吉野家の気分!」という原田くんの要望通り黒い吉野家が見えてきたのでそこに入った。黒い吉野家は普通の吉野家とは格が違うらしく、メニューもアジフライ丼とか唐揚げ丼とか奇抜なものが多かった(安いケーキもあった)。全然お腹が空いていないので僕はビールと唐揚げ(3個)を注文。好きなタイプの唐揚げだったから良かった。ドリンクバーはコーヒー、カフェモカ、ココアしかない偏り過ぎてるバーで、だけど100円のケーキがあって評価がつけ難い…。横に座っていた男性が注文していた牛すき御膳を食べようとしたら丁度電話がかかってきてそれに対応するため外に出る、戻ってくる、食べようとしたらまた電話がかかってくる…、というやり取りを何回も繰り返していて新手のコントのようだった。その男性のいつ爆発するか分からない爆薬のような精神状態を感じながら唐揚げを食べる。美味しかった。飯を食ってるのを邪魔されるのが1番嫌だ。夜行バスで東京に向かう原田くんを見送りに行く。バス停で原田くんからハイハワの新譜「Merry Xmas,Hi,how are you?」を買った。7インチ。良かった。歌詞カードの文字が好きだ。12/23の歌っこ広場やまびこ12月、あ〜〜みんな来て頂ければ嬉しいです!!!!来てください!!!!!終わり。

ボヘミアン・ラプソディー応援上映を観に行った。入り口からフレディマーキュリーのコスプレをした映画館の女性スタッフの「本当はこんな格好したくないの!」という気持ちがかなり伝わってきてて良かった。開演前に鈴とかタンバリンとか渡されるのだけど、クラッカーまで置いてあって「クラッカー?」と思った。ひと昔前、mixiチャットモンチーコミュニティーで「○○の曲のラストで皆でクラッカーを鳴らしましょう!」と提案してきた男が「危険ですよ」と一斉に批難を浴びていた光景を思い出しました。「野次は程々に」という注意事項もあったけどそんな野暮なことをする輩はいなかった。映画。面白かった。Another One Bites The Dustの製作過程で喧嘩になりそうなるのをジョンがベースを弾き「いいリフだな」とメンバーが喧嘩をやめて演奏するシーンが良かった。隣に座っていた女性が嗚咽を噛み殺して泣いていた。とにかく良かった。クラッカーも普通に鳴っていたのでビックリした。いいのだろうか?

Frankie Cosmosの動画を探していたら、海外の素人の女子2人が階段に座ってFrankie Cosmosをカバーしてるのが出てきて、パッと見て心霊動画かと思った。ウクレレ弾いてる方の人がもう片方の人を見て時折照れた笑みを浮かべているのだけど、もう片方の人はずっと同じ方向を見たまま不機嫌そうにしてて「なんなんだ…」と思っていたら最後でようやく顔を見合わせて笑ったので良かったねという気持ちになる。再生数5回だけど本当に良い…。

奥さんとミヤサコが「斬、」という映画を観に行った。池松壮亮が舞台挨拶で来るから行ったっぽい。4人でタイ料理のサバイサバイで昼飯。サバイサバイでレンタカーを貸し出しているらしくここ最近で1番の衝撃(問い合わせたら最近はやっていないとのことだった)。映画が始まり、この映画を観ない僕は近くのベローチェで待機。ベローチェは1番民度が低いカフェチェーンだと大学の頃までは思っていたけど最近は違うらしい。奥さんから「終わった」という連絡が来たので映画館へ。この映画館は大学の時に、ボーイズ・オン・ザ・ランの舞台挨拶で峯田が来たので観に行った場所。峯田は「さっきしまむらで買ったんか」という感じの新品の全く似合ってない服と尖ったブーツを履いていて違和感しかなかった。びっくりした。質疑応答の場面で、1人の男子大学生みたいなのが「僕は未だに童貞なんですがどうしたらいいですか?」という質問をぶつけていて「正気か?」と思った。話は現代に戻り、3人はサインをもらってとても嬉しそうだった。まきこさんとゆかりさんもいた。終わった後も興奮が収まらないのでロビーで出待ちをして、池松壮亮が出てくるのを今か今かと待つことに。池松壮亮が裏口に向かったので裏口に行くと映画館の館長が「池松壮亮さんは正面から出てこられますよ」と鬼のような気遣いをしてきて、正面で待つことに。僕は映画見てないけど…と思っていると池松壮亮が出てきた。出待ちしていた人全員に握手をしていた。僕は映画見てないから…としなかった。ミヤサコに「握手してもらわなかったんですか!?なんで!?」と驚かれたけどいや、映画見てないし…。池松壮亮は山形へ向かった。山形は後藤さんが行ってた(インスタで見た)。

youtu.be

 

チーズドッグ

Neutral Milk Hotelが好きで最近よく聴いている。フォーキーで疾走感が爆発したビートルズみたいでかなり好き(ビートルズも爆発してると思いますが…)。On Avery Islandというアルバムに入ってるNaomiという曲が1番好きなのだけど、先日それのライブ映像を見つけたらメンバーが皆飛び跳ねてるメロコアみたいな演奏で笑った。Naomiとはデーモン&ナオミのナオミのことらしくてナオミが監督したMVもあるらしかった(これを書いている途中で知りました)。

ブルーハーツのYoung & Prettyのレコードを買ったら中から当時のファンクラブ会員募集のビラが出てきて、ファンクラブ名が「ブルーハーツ集団」という若干宗教色が強い感じだった。この前カラオケに行った時「夜の盗賊団」という曲を歌ったけど、ああなんて良い曲なんだろうか…と思った。高校の時はブルーハーツで1番嫌いなアルバムはPAN(多分これは不変)でその次がDUG OUTだったけど、今聴くとDUG OUTめちゃくちゃ良過ぎる。

Spearmintのレコードを聴いて気持ちが高ぶる。何にも染まっていない初期のギターポップバンドの音源は大体好きな気がする…。

 

夏くらいに奥さんと宮田さんがとある韓国料理屋で「チーズドッグ」というものを食べたらめちゃくちゃ美味かったらしく、翌日に僕も連れて行ってもらった。こういう時は大体店が休みだとか潰れましたとかそういうパターンが多いので「休みじゃないよね?」「いきなり閉店してないよね?」と入念に確認を取りながら向かった。店の灯りが点いていたので、ああやってるよ、良かったねと思いながら店の前まで来ると「チーズドッグは昨日で販売を終了しました」と貼り紙があり、あまりに予想外の方向から斬り込まれたため、暫し呆然としてしまった。実はチーズドッグというのはちょっとしたブームになっている食べ物みたいで、最近は色々な出店で見かけるのでその都度食べたりするのですが、奥さんは「ダメだ」「これじゃない」と山に篭ってる陶芸家みたいなことを言ってくるので、僕はまだ本当のチーズドッグに出会えていないらしい。でもこの前イービーンズの4階に出来たお店が本物に近いチーズドッグを提供しているらしかったので食べに行った。チーズドッグが出てくると奥さんが「ここで砂糖かけて」とセルフの砂糖をかけるように言ってきた。曰く「ここで砂糖をかけるかかけないかがかなり重要」とのことらしい。寒空の下、屋上でチーズドッグを食べたら中のチーズがめちゃくちゃ伸びる。確かにこれは今まで食べたチーズドッグの中ではかなり美味しい…。でもこのチーズドッグは、奥さんと宮田さんが夏に韓国料理屋で食べたチーズドッグにまあ近いっちゃ近いけど、あの域には到達していないらしい。来年の夏にまた販売を開始したら行きたい。その前に潰れなければいいな〜。終わり。

f:id:chinpan_club:20181124105040j:image

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

12/23の歌っこ広場やまびこに来て欲しい話

12月23日の歌っこ広場やまびこで、今までの1年間の記録をまとめた本を出すことにしました。僕は今までも何らかの催しが終わるとその内容をブログにまとめていたりしたのですが、最初はその記事をもとに少し加筆修正したものを出そうと奥さんと話をしてして、でもなんか結果的にほぼ1から11回分(12月を除くから)を8倍くらい膨らませて書く…という流れになった。なので今は数ヶ月前のことを思い出す作業に没頭しています。めちゃくちゃ面白かったのに書き忘れたことや僕が知らないところで起こっていたこと(奥さんに教えてもらいます)を沢山載せられれば良いです。この日で売れ残ったらどんと祭で燃やすので是非来て買ってください。歌っこ広場やまびこは12/23です!!!ゲストはハイハワです!!!来てください!!!!!

なので最近は毎日歌っこ日記を書き、書き終わった記事を奥さんに校正してもらってあまりにも修正すべき箇所が多すぎる、いい加減にしてと言われそれに対して逆ギレしたりしている。本当にしょうもない。今はブログを書いています。ブログを書く暇があったら歌っこ日記を書くべき…と今この瞬間も思いますがまあいいよね…という気持ちが勝っている。本当にしょうもなさすぎる。

この前はディスクユニオンに宅配買取を依頼した。かなり昔、宅配便の人が来たとき玄関から僕の部屋を覗き込んで「CD沢山ありますね!」と確実に間違えた方向のスキンシップを取ってきて、全然知らない人から部屋を見られた事とCD沢山あるというのが非常に滑稽な事に思えて恥ずかしくなって「早く帰ってくれ!」と心の中で叫んだ事を思い出しました。高校とか大学の頃なら確実にスタメン落ちしないであろうCDも、何の感情もなく段ボールに詰めることができた。レコードも整理して20枚くらい売りました。以前奥さんとミヤサコの4人で万代書店に行った時にレコード3枚で600円のコーナーでPILとダムドのライブ盤を買い、あと1枚どうしようか…と考えていた時に奥さんが適当に選んだレコードを買った。家に帰って聴いたら全然良くなくてそれも売りました。いくらになるのか楽しみです。これでレコードを新たに置けるスペースが出来たと思っていると、CDを置いてあった棚に奥さんが小物とか本を置きだし、一気に雲行きが怪しくなってきた。「これはどういうこと?」と心のどこかで思ってはいるけどまだ核心には迫っていない。今度さっと聞いてみようと思う。

REVINYLというアプリを使い始めた。自分が持っているレコードを管理出来たり他の人と連絡を取ってレコードを購入出来たりするアプリで、僕はチャットとか知らない他人とコンタクトを取るのが嫌なので単純にレコードの管理にのみ使っているが、これがとても楽しいです。まだ途中ですが132枚を登録してそのレコードの総資産が198,553円らしい。多いのか少ないのか分からないですが…。あとは持っていたけど存在を認識していなかったものが把握出来るのがいいのです。Half Churchのリイシュー盤、こんなの買ってたのか!と驚きながら登録。徐々に迫ってくる感じの音。繊細ともまた違うけど紡いでいくような演奏。この間購入したSpizzenergiのSpizz Historyも登録。パンクだけど重過ぎなくてNW風味もあってとても良い…。ヤフオクで最高額で入札していて、あと残り1分か、まあ余裕だねと思いトイレに行って帰ってきたら10円だけ高く入札してきた性根が腐った奴に落札され怒り狂った過去も浄化されるくらいREVINYLの登録に熱中しています。

アマゾンプライムとかああいうのを最近よく見ている。先日は「リップヴァンウィンクルの花嫁」という岩井俊二が撮った映画を見た。岩井俊二というと捻くれた人から「ふーん…」と思われてそうなかなり際どい所にいる監督だけど面白かった。中学の時、朝にめざましテレビを見ていたらたまたま「花とアリス」のCMが流れてストーリーとかよく分からないけど女2人がわーわーやってる淡い感じの映像に衝撃を受け、そこから1年くらい「花とアリス」のCMが流れないかと毎朝めざましテレビを見続けるという非効率的なことをやっていた。どうでもいいけどリップヴァンウィンクルというのは海岸版の浦島太郎だよという知識を投げつけたら奥さんのマウントを取ることに成功した。「野獣死すべし」で得た知識なので見ておいて良かった。

f:id:chinpan_club:20181123223013j:image
f:id:chinpan_club:20181123223006j:image

↑歌っこ広場やまびこのキーホルダーも売るのは12月が最後になるので買ってください。白いのは今回のチケットです。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

歌っこ広場やまびこ12月の話

歌っこ広場やまびこ12月

12/23(日/祝) 開場開演14時

会場:となりのえんがわ

(JR仙石線 陸前原ノ町駅から徒歩5分)

入場料:1500円(D代別)

【出演】

Hi,how are you?

【BGM係】

DJ生活

f:id:chinpan_club:20181112200745j:image

今年1年間続いてまいりました「歌っこ広場やまびこ」も12月でいよいよ最終回となります。ラストを飾るのは歌っこ広場やまびこ最多出場記録を保持しております原田くんも参加する男女デュオ「Hi,how are you?」のワンマンショーです!リーダー・馬淵さんを加えてのハイハワとしては初の仙台公演になります(山形ではあります)。原田くんのみでもギターの弦を毎回切るエネルギッシュな演奏なのですが、それに馬淵さんが加わったHi,how are you?のショーステージ、とても楽しみです。

会場は歌っこ10月にもお世話になりました本当に自由なフリースペース・となりのえんがわさんです。JR仙石線 陸前原ノ町駅から徒歩5分の距離にある宮城野納豆工場様の納屋を改築した場所です。無料の駐車スペースもございますのでお車での来場も可能です。

平成最後の天皇誕生日、ハイハワのワンマンショーでぶち上がりましょう!宜しくお願いします!

 

予約はメール(bukastudoo@gmail.com)下記SNSのリプライやDM、このブログのコメントでも可能です(予約フォーム後程作ります…)

twitter.com

www.instagram.com

youtu.be

youtu.be

youtu.be