noise pop

生活

ボブ・ナスタノヴィッチ

二回目の久しぶり。


学祭ではバンドの解散ライブに臨み、ボーカルが歌詞間違える。ドラムがスティックを何度も吹っ飛ばし、終いには手で叩く。僕はベース間違えすぎて最後はベース投げ捨てて終了。悪夢のような40分間であった。客からは拍手どころか、イカしたガールに「怖い…」と言われる始末。DVDにしたいわ。


その後。

またいつもの日常に戻り、終わるのか全くわからない就活(この言葉を聞くと吐き気がする)に勤しんでいたところ、様々な事情やらなんやらうんたらかんたらがありまして、前のバンドでギターやってた山根くんのバンドであるプリマドンナに加入致しました。ベースでは必要とされてないのでパーカッションで。


とりあえずこないだやったライブの映像を今見てるけど、自分の動きが中途半端すぎてますます気持ち悪さに拍車がかかり、3倍増しで気持ち悪い。中途半端はいかんよ、うん。次はもっと弾けてやろう。あともっと声大きくね。



オザケンがライブやるなら、この曲を聴かせてくれ。