noise pop

生活

ゲ○

大学1年の時は18歳でした。当たり前だけど。


青森から出てきたばっかだったので、周りには友達がいなかった。「これは非常にまずい」と考え、何か一つサークルに入らなきゃなあ、という結論に達する。所詮一時の恥だぜ。だったらいくらでもピエロになりますよ。


軽音部に入ろうと思ったけど、怖くて新歓ライブにすら行けず。そんな時にバンド名とか映画とかその他もろもろ色んなワードが散らばめられたビラを貰った。「S.O.N.G.」というサークルであった。思いっきり「バンドサークルじゃないよ」って書いてあったけど、こっちの方が変な人がたくさんいて面白そうだったから入ることにした。新歓行ってみたら、新入生が自分一人しかいなかったけど…。まあそれは後の話である。


先輩たちの音楽の知識はヤバかった。本当にヤバかった。高校まで青森という阻害された地域に住んでいたパンク大好き野郎だっため、全く情報が入ってこなかった。そんな自分にとって、いろいろなことを教えてくれる先輩の話は貴重であり、新しい自分の発見の場でもあった。


ある日の会話。

先輩「ミヤザキ君は最近どんな音楽を聴くの?」

俺「あーと、えーと(ヤバイな。なんか変なこと言ったら嫌だな…)」

俺「(質問を思いっきり無視して)最近何が良いですかね?」

先輩「ケイジャンダンスパーティー」


数日後。
ロフトのHMVに行ったら例のケイジャンなんとかが思いっきりプッシュされてたので視聴した。高校の自分だったらまず聴かない軽快な音楽。うわー、なるほど、最近のヤングはこういう音楽が好きなのか。そう思った。


数年後。
ケイジャンが1st一枚出して解散したという話題は自分の耳にも入っていた。スヌーザーか何かのインタビュー読んだら「新しいバンドをやってる」みたいなことを言ってて「へえ」と思った。まあ出たら聴いてみるかな?くらいの気持ち。


そして今年。
YouTubeで、ケイジャンのボーカルの新バンド「Yuck」を聴いてみた。もう衝撃であった。ケイジャンはUK寄りであったが、YuckはがっつりUSインディー。こいつらは国籍まで変えてしまったのか。自分が一番好きなタイプの音楽に、Get Awayのライブ動画を死ぬほど見たのであった。速攻で輸入盤を買ったのだが、しばらくして国内盤が出たのである。ボーナストラックには、はっぴぃえんどの「夏なんです」のカバー。欲しかったけど、なぜかグラニフで、YuckのコラボTシャツを買うに至った。なんで。


なにが言いたかったかというと、去年はYuckの新譜がめっちゃ良かったなあ、という話です。上手く要約できない性格で申し訳ない。髪切りに行きます。