noise pop

生活

さっさと帰れ

近所のゲオが50円という破格値でDVDレンタルしてたんで借りてみました。

・500日のサマー
・終わりの始まりの4日間
人のセックスを笑うな
・春の雪

まだ前2本しか見てないけど、全部に恋愛が絡んでくるというとんでもないものです。他の映画の予告もDVDに入ってるのですが、それも恋愛ものです。胸が痛くなってきます。なぜ借りた。


500日のサマーは普通だった。サマーが可愛かった。あの性格はどうかと思うけど。
終わりの始まりの4日間は思ったより良かったか。登場人物がみんな頭おかしくて、ツッコミ不在の漫才を見てる感じだった。ラストもなかなかベタでよろしい。


どっちも音楽がUS好きにはたまらない感じでした。500日のサマーはブラック・リップス、終わりの始まり〜はザ・シンズとか普通にかかってるし。


「春の雪」は妻夫木くんのエロシーンが楽しみです。


昨日はennにライブ見に行った。本屋でグラゼニ立ち読みしてたら遅刻したけど。
お友達バンドのgoatlamb見に行った。最近まで自分の中で「バンドどうすっかな」という考えが、あっちを行ったり来たりしててまとまらなかったけど、やっぱライブしてるの見ると「ああ、いいなあ」と思ってしまうのです。根本の考えはここにあるのかもしれない。僕の軸はブレブレなのです。


そして山根推しのコロッサルユースを初めて見た。なんか凄すぎて思わず笑ってしまった。人間って自分の想像以上のもの見ると笑っちゃうってよく言うけど本当なんだな。こんなバンド仙台にいたんだ。25日も見に行こう。goatlambも出ますし。


ドリンクはコーラを頼んでみたけど全然飲めない。なんでこれ頼んだんだ。多分家帰ってからコーラとポテチでアメリカンっぽく決めて映画見ようと思ったからなんでしょうけど。なんでコーラって真っ黒なんだよ、気持ちわりい。くそっ。