noise pop

生活

なんで竹馬が馬糞するんだ

PCいじってたら、去年の9月3日に藤子F不二雄ミュージアムに行ってきた時(一人)の写真が出てきたので貼ります。私は多分仙台で10本の指に入るくらいドラえもんが好きなので、当然開館日に行ったのでした(一人)。


駅から出てるシャトルバス。



これだけでテンションウナギのぼりです。




ミュージアムの外に飾ってあるフィギアの数々。エスパー魔美まであるとは。普通に欲しい。


原則的に館内は撮影禁止でした。原画、F先生の書斎、先生自身にまつわる様々な小道具などが展示してあって、記憶に残そうと必死に喰らいつくように見ました。


外にはこんなものも。これはツチノコ。未来の百科事典にツチノコの発見者としてゴウダタケシ氏の名前が載っているらしい。よかったね。



大長編を思い出す。大長編のデフォといえば、きれいなジャイアン、ヘタレなスネ夫、必ずぶっ壊れるドラえもんひみつ道具




一部のファンどころか、結構ポピュラーになっているきれいなジャイアン。ポンプを押すとでてきます。




トイレに行くとこんな仕掛けも。トイレから出たくねーよ。


映画が終わると外に出られます。パー子の声に時代の流れを感じた。




一人で行ったため、誰も写真を撮ってくれる人がいなかったので、こそっと撮りました。まるで私の人生のよう。








ファンなら誰しもわかるであろう小ネタの数々。作り込まれた展示品の全てに感動した。作った奴らはわかってんなあ(上から目線)。


ぶっちゃけドラえもんよりコロ助の方が可愛いので。


ジャイアンのCDを買いました。




中身はチョコレートでした。まあ分かってたけど。甘かった。


Tシャツも買いました。これをプリマドンナでの初ライブ(youtubeにあります)でこれ着たんですけど、特に誰にも突っ込まれず、悲しい思いをしました。

まあ楽しいとこでした。