noise pop

生活

穴があったら…

宮崎です。ミヤザキでもいいです。どっちでもいいです。

長いんで某国民的アニメのように三本立てにします。

・フライヤーの話
こないだのライブで来てくれたお客さんにフライヤーを(半ば強引に)配布しました。下書きなしのマジックペン1本で描いたという渾身の1枚。捨ててないですよね?捨ててたらあれですね、泣きます。
お客さんにはどうだか知らないけど、メンバーには意外と好評でした。私は絵心が皆無(小学校の時はスケッチコンテスト的な行事で6年間「鈴(頑張ったね!的な賞)」でした。しかも当の本人は「俺は絵がうまい」と思っていたらしいです。根本的に救えねー)なのですが、絵心が無いなりに描いたのがあれですよ。
しかしあれには元ネタがあります。You Slut!というシューゲイザーパンク的なバンドのジャケットをオマージュ(要するにパクリ)ました。

これですね。最初見たときは音もすごい好みだと思ったんですが、それよりなによりジャケットのチープで可愛いところに惚れました。女の子にも言えますがこういうギャップって良いですよね(キモい)。パンクとかハードコアのバンドってジャケットダサいのが多いですけど(それがまた良かったりする)。やっぱジャケット含めてお洒落な方がいいなあ、と自分は思います。

ちなみにこれが私の本当の画力の限界です。悲しくなってきたわ。


・引越しの話
今日大家のおばちゃんに引っ越すこと言わないと4月分の家賃取られるらしかったのですが、超ギリギリセーフで退去届けを出しました。4年前の3月30日に仙台に来たらしいですよ、私。あの頃は夢も希望も性欲も、全部八戸から持ってきた記憶があります。ホームシックになんてなるわけもなく、何もない部屋に、これからの生活の期待を勝手にかけてました。部屋も大迷惑だったでしょう。

これを最初に聴いた気がする。甲本ヒロト信者でした。
そして今は新しい部屋を探しているのですが、いろんな物件があるなーと。会社自体は卸町という企業と倉庫しかないところにあるので、仙台駅東口から近いところを中心に探してます。しかし毎日飛び降り自殺が起こってそうな辛気臭いマンションや、クローゼットにお札が貼ってそうなアパートしかありません。まあ頑張ります。


・りんご祭の話
こないだアラバキの第二弾が発表されたんですが、正直ビミョーでした。本当に観たいのがTOMOVSKYeastern youthくらいしかありません。あとは「まあ観たい時に見るかな」って感じです。昔サークルの先輩が「年々タイムスケージュールとか組むのがめんどくさくなってきた。ライブよりも友だちとばったり会ったりするほうが楽しみ」って言ってましたが、自分もそうなってきたみたいです。
アラバキよりも、5月に長野県でやるりんご音楽祭の方が見に行きたいです。踊ってばかりの国前野健太トクマルシューゴ環ROYも出ますしね。サークルでツアーして欲しいです。OBですけど普通に参加します。
しかし青森県民としては「りんご祭」って名前には拒否反応が起こってしまうのもまた事実であります。どうでもいいけどね!


あー疲れた。じゃまた。