noise pop

生活

自分の非を認められる大人になりましょう

学校始まりました。


ここまでの経緯。
2月末に奇跡的に内定貰う→やったね→成績発表→単位足りない→留年→じゃあ内定も取り消しだね^^→半年頑張ろうね^^→泣く。


こんなことがあったもんですから、経済の授業にアウェー的な何かを感じざるを得なくなりました。なので残りの半年(もしくは一年)のほとんどを歴史学科の授業で過ごすと決めたわけです。一週間出てみて思ったことは「教授が随分マトモだな」ってことでした。マトモと言うか本当に普通ですね。あと温和。経済の教授はひと癖もふた癖もあるようなキチ○イが多かったような。授業中うるさいのをほったらかしにするくせに、テストは嫌に難しい。あと声が小さい。何喋ってるか分かりません。声張れよ。バカ。


あと規則正しく授業に出ると、生活リズムが非常にスムーズになります。授業終わってから「ちょっとタワレコでも行こうかなー」って最高ですよ、マジで。こないだタワレコで視聴したThe Bilinda Butchersがあまりにも良すぎて、安かったこともあって購入しちゃったし。「ペインズ級の激甘インディーポップ」って謳われてちゃね。あと「C86+シューゲイズ+チルウェイブ」って来たら。

直球ど真ん中でした。やっぱ最近は自分の中でUSインディーが熱いです。The Drums、Surfer Blood、Yuck。あ、最後のUKだ。


そういえば5月中旬にライブ決まったので、また後日お知らせします。