noise pop

生活

卒業したい

ライブをやったりバイトをしたり講義を聞いたり音源のミックスに5時間もかけたり罵倒されたりの毎日です。基本的に良いことは皆無に等しいと思います。


先日は企画にお呼ばれしてのライブでした。企画者の拓郎さんは、僕らが前にやっていたバンド(名前を出すのは死ぬほど恥ずかしい)の初ライブを見に来てくれた方でもあります。あれから二年も経っちゃったよ。ベースだったな、自分は。


あの頃僕らは若かった。そのライブではボーカルのマイクが初っ端から入っていなかった。何か嫌な予感がしながらライブは進んだ。そして最後には、ギターのアンプから音が出なくなった。終わるタイミングを見失った僕らは空中分解した。ライブが終わってリードギター山根(金返せ)の方をちらっと見たら、エフェクターケースを蹴っているのが見えた。僕は話しかけないことにした。


PAから特に謝罪の言葉がなかったことを僕は今でも忘れていない。「こんなとこ二度と出るか」と思ったが、そのあと3回は出た。こうして僕らは解散したのであった。


それからなんやかんやあって、今度は山根が始めたバンドに何故か入るハメになった。人生ってなんなんだ。さっぱり分からん。僕は近眼なくせにライブではメガネ外してやっているから客席は全く見えないのだけれど、あとからライブ動画見てみると、全然知らない人がノっていてくれたりする。さっぱり分からん。ツイッターとか見ると、僕が一方的に知っている県外のバンドの人たちが、僕らのことを書いていたりする。さっぱり分からん。しかしありがたい。


ライブは良かったんではないかと思う。この日はヒラマケンタ(金返せ)サポート最後の日であった。すっ転ぶわカポを忘れるわで最高だった。僕はいろいろあって酒なんて飲む気分じゃなかったけど、ヒラケンに無理やり打ち上げに連れて行かれた。見渡せばうちのバンドで打ち上げに出たのは自分だけだった。さっぱり分からん。しかしビールは美味かった。最近になってようやく酒の美味さが分かってきたと思う。今年23なのにね。


とりあえずヒラケンはお疲れさまでした。早く金返せ。次のライブは29日。

6/29 仙台FLYING SON
「FLYING SON LIVE vol.11」

・under the yaku cedar
・月に吠える
・頭の中
プリマドンナ
・the word
・urk

op18:00/st18:30
adv\1000/(D代別\500)


この日を持って、今度はサポートドラムのコブヤリョウタが抜けます。ちゃんとした形で送り出したいもんですね。


とりあえず私は今日からシューショクカツドウを再開します。夏くらいにはさらっと決める予定です。決まらなかったら知らん。俺に聞くな。