noise pop

生活

夏夏夏

宮城の高校生は(多分)夏休みが終わったらしく、制服姿の輩が街に多くなってきた気がする。今までの十数回の夏休みを思い出してみると、最初はわーわーきゃーきゃーテンションが異常に高いけれど、日が経つにつれて、段々萎れていく。ベローチェのアイスミルクティーのガムシロップが溜まってる底の部分だけ先に飲んでしまい、最後は氷が溶けて水っぽい物しか残ってない状況と似てる(未だに上手く飲めない)。


夏のライブも昨日で一段落し「いやあ、まだまだだよね、うん」という感じ。やることはたくさんあるのに、必殺技の「あとまわし」が炸裂し、個人的に歯痒い。非常に歯痒い。


実は昨日のライブの前に病院に行ったのだ。何気に仙台に来て、初めて病院に行った。今まで風邪の類いの病気は根性で治してきたけど、今回の病気は根性云々で治せるもんじゃなかった。


病院に行く30分前に、病院の場所を検索してたら「こんな病院行くんじゃねえよ」という口コミを見つけ、行こうどうか本気で迷う。しかしどうしようもないくらいヤバイ症状だったので行くことにした。


診察室のベッドに寝かされ治療開始。10分程の時間だったが、自分には1時間にも感じられた。今まで経験したことがないような痛みに、2、3回失神しかけた。多分目が逝ってた気がする。その表情、写真に収めたかった。


こんな話はどうでもいい。
自分の好きなものの話をしたいけど、最近別に何も感じてないし、何も伝えたいものもないので。何かあったらまた書きます。私が何の病気かってのはツイート遡れば判明します。