noise pop

生活

若者のすべて

ミツメ「mitsume」

こないだ新譜出たらしいけど、タワレコに置いてなかったのでファースト。すごい。素晴らしい。やばい。こんなこと書くと頭が悪く見られるかもしれないけど、本当にすごいし素晴らしいやばいバンドだと思うので仕方がない。YouTubeで「クラゲ」を聴いてビビビっと来た僕は、家に置いてあるもう聴かないであろうCDをかき集めてブックオフへ買取しに行った。そのお金で買いました。


90年代を感じさせるサウンド。オルタナ、ネオアコギターポップ、ローファイ、日本語ロック。すべてが詰まってる。僕にとっては「これ一枚あれば全部足りるわ〜」という感じ。邦楽ロック好き謳ってる女の子たちはなんでこれ聴かないんだ?とまで思った。いつまでナンバーガールの幻影に惑わされ続けるんだ、あんたら。今の時代には、シャムキャッツも昆虫キッズもゲラーズもミツメもいるんだよ。なんか久しぶりにそう思いました。暑苦しい。


暑苦しいと言えば、「宮本から君へ」を久しぶりに熟読。宮本の「俺がカッコいいと思ってるものを、そうじゃないって言う人間に認めさせたいです」って台詞には、いつ何時どんなときでもグッと来る。