noise pop

生活

ときにはやさしく

DJをやった。サークルのイベントでやったことは4,5回あるけど、こういうシチュエーションでやるのは本当に初めて。下手すればライブやるよりも緊張したのではないか。


自分がやるとDJというよりただの場内BGMと化してしまうのだけど、まあそれはそれで良いかなあと思いました。個人的にDJとかクラブってあんまり好きじゃないので(一番の理由は音がでかすぎて他人との会話がままならないということ)、その雰囲気とは真逆のことをしてやろうと考えていたのです。「曲聴いて踊る」という概念が自分にはあまりありません。自分が踊ってたら笑い者です。


最初は誰も聞いてない(誰もいない)感じだったのでゆるーくやってました。しかし徐々に人が集まってきてちょっと頑張らなきゃいけない雰囲気になってので頑張りました。サークルではひとり30分という縛りがあり「俺の持ち味30分じゃ足りねーっすよ」とか思ってましたけど、昨日は累計3時間くらいやって死ぬほど疲れました。あまりにも疲れたので中盤、前野健太のCDかけたまま暫く放置してました。すいませんでした。


(後輩の佐々木君に相当前に教えてもらった動画)


理想としてはいつかこんな感じでやりたいです。仙台にはこういうふうなDJやる人多分いないので、自分が第一人者になりましょう。耳に優しい感じで行きます。
実は次も決まってます。3/1に同じくTIKI-POTOというお店で、お店の1周年のイベントかなにかでやらさせてもらうことになりましたとさ。19時くらいから29時くらいまでやるらしいです。恐ろしいですね。頑張ります。