noise pop

生活

つぶあん

ライブでした。


前回のライブはタンバリンを忘れる(ギタリストにとってギターを忘れるに等しい)という失態を犯してしまったのですが、今回は家出るときに確認したので大丈夫でした。人がたくさん来たのですが、ほぼ全員どこかで見たような人たちばかりでした。3/3なので女の子が多かったです。しかし僕は年下の女の子と何を話していいのか分からないのであまり話さなかったのです。4月から僕を慕ってくれる(と思う)女の子達がほぼ全員仙台から出て行ってしまうのでとても悲しいです。男は割と仙台に留まりますので別にいいのです。


最近は新曲の「音に鳴る」という曲をやってますが、割と評判が良いように思います。この曲で僕は初めてコルグの音を新たに作りました。Vampire Weekendっぽいシンセの音にしたかったのですが、少し違うかもしれないです。というかコルグで「こういう音を作る」と思っていても、いざ出来上がってみると「なんか違うな」ということになります、全てにおいて。しかしそんなことどうでもいいのです。


あとはフライヤー作りました。

撮影場所は実家の庭。3/12の告知をしてるのは「つぶあん」という野良猫。なぜなら潰れたアンパンのような面構えだから。もう2年くらい家に来ている。朝の10:30には庭にやってきて、昼前にはどこかに帰っていく。どこに行くかは知らない。半分飼い猫のような状態になっているのです。実家には猫が入れ替わり立ち代りやってきてますが、この「つぶあん」だけがしぶとく生き残っているのです。だけど最近僕が近づくと逃げます。


あと最近、zipを解凍する手段を身につけたので、数年前にダウンロードしてそのままだったPavementとFlaming Lipsと昆虫キッズのライブ音源が聴けました。PavementはWe Dance〜Summer babe〜Finの流れが感動的でした。Pavementのライブ見れたらもう結婚とかしなくていいし、懲役5年くらいだったら耐えられると思います。