noise pop

生活

ゆるゆる

今日はいろいろなもの(人)と闘ってきましたが、気を張りすぎて途中で失神しそうになりました。失神しかけたのは去年の夏に痔の治療を受けて以来です。ダメだなあ俺は。ドラえもんで、もしもボックスを使って音のない世界にして全て筆談にするということがあったけど、マジでそうしてくれませんかね。
「上手いことを言おう」と思って上手いことを言えたためしがありません。大抵はシーンとした空気になって「なんだこいつは」という笑いが起こります。俗に言う「滑りキャラ」というやつです。しかしこれで得をしたこともあるっちゃあるので、気長に待ちたいと思います。


緊張しているときや何かと闘わなくてはいけないときに僕は、おぎやはぎの「地味ですがなにか」を読みます。

地味ですが何か? (扶桑社文庫)

地味ですが何か? (扶桑社文庫)

なんか前に貼ったことがあるような気がするけど、もうどうでもいい。大学3年のときに大学の生協で購入したのだけどこれが本当に面白い。しかし表紙が恥ずかしいので僕はカバーを取っている。そのおかげで本はボロボロだ。


本ではとにかく「いかに楽をして結果を出すか」ということが書かれている。無駄な努力なんて必要ない。「石の上にも三年」なんて嘘だよ、とおぎやはぎが説く。例えば就職面接における例では、最も大切なこととして「面接官の知らないジャンルで攻める」「ハッタリをきかせる」「会社の弱点を見抜く」という、普通の面接対策本ではまずありえないことが書いてあるのだ。これをバカみたいに読んで面接を受けた結果、そこそこいいところまで行くことが出来たのもまた事実。自己啓発本は全く読まないけど、これは一生読み続けようと思いました。


バンドのことも少し書きます。

3月中はライブをやりません。一時期は狂ったようにライブをやり続け、決まってるライブが4本ということもありました。別に僕らはツアーバンドでもないし、特に売れているということもないので「なんでこんなにやるんだろう」と傍観者のような立場になっていたこともありました。なので本数を抑えて少し落ち着きたいと思います。


次は4/6です。

4/6@仙台FLYING SON
「アドレナリン祭り2013」

MY WAY MY LOVE(東京)
NADSAD
THE PEROPETS
メランコリック・アゾベンゼン
プリマドンナ
under the yaku cedar

開場 17:00 開演 17:30
前売:2,000円 / 当日:2,500(D別¥500)


僕らだけ見事に浮いている素晴らしい面子です。東京からMy Way My Loveがやってきます。プリマドンナのボーカルの方が好きなバンドです。僕も何回かライブの感想を聞かされたことがあるのですが、とにかく凄いです。なので来てください。爆音です。