読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noise pop

生活

気づいたこと

面白いブログ見つけたのでずっと読んでる。そしたらチャットモンチーのファーストミニアルバムのジャケットの元ネタはフィーリーズなんじゃね?という記事があって一人で納得した。

僕は久しぶりに「あはっ!」ってなるくらいスッキリしたが、知ってる人は当の昔に知ってることだったようだ。因みに「耳鳴り」はリトルバーリーのジャケットそっくり。あはっ。
The Feelies、買おう買おうと思って注文はするが結局まだ買ってない。「冴えない奴がやってるバンド」ていうのがひと目で分かるジャケットってこの人たちがハシリな気がする。まあ喧嘩したら結構な確率で勝てそうだ。骨の一本くらいへし折れそう。

チャットモンチーってライブ行ったこともあるし、バンドでコピーしたこともあるんだけど何か今一歩踏み出せない。多分ベースの人が苦手なんだと思う。昔トップランナーに出てた時に、変にアーティストちっくなこと言ってて「うぜえな」と思ったことがある。音楽やる上では関係ないことかもしれないけど、そこら辺がちょっと。全くフォローになってないかもしれないけど、バンドは全然嫌いじゃない。むしろ好きです。でもチャットモンチーのライブでダイブする奴は嫌いだ。


毎度のこと話がブッ飛ぶけど大滝詠一のレコードは一枚だけ持ってる。「EACH TIME」500円で買った。ちびまる子ちゃんの「わたしの好きな歌」という映画の挿入歌にもなってる「1969年のドラッグレース」が入ってるから。

こないだ「他のアルバムも500円くらいで買えんべ」と思って近所のレコード屋さんまで行ってきたけど普通に2000円くらいする。そんな余裕ないからお給料で買おうと思った。