読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noise pop

生活

終わりで始まりの週末

土曜日。
おっぺしゃんの唐揚げ定食を食べる。ただでさえ油ギトギトのラーメンに唐揚げ丼がついてくる。7割くらい食べて胸焼けがきつくて死ぬんじゃねえかと思ったけど死ななかった。良かった。ヴォリュームワンでThe Clean、The Fall、Jonathan Richman、Crystal AntlersのCD購入。帰宅して楽器を鳴らす。


日曜日。
どこにもでかけない気分だったけど近所の古着屋でズボンを購入。帰宅して楽器を鳴らす。



こないだ久しぶりに「キーチ」を読んだ。もうダメだこれは。1巻目から痛々しい描写の連続で読むのが辛い。なので怖くて完全に読んだことはない。こういう痛みがちゃんと伴ってる漫画って案外ないような気がする。突然現れた巨人に人が食い殺される漫画はあるけど。人の死は悲しくもあり切ないもんだと思う。なんというか新井英樹の漫画の登場人物が死ぬ描写というのは、その人物の歩んできた人生や背景が見えてくるから余計辛い。絵の線が異常にはっきりしてるから、読んでるとだんだん疲れてくるし。「ワールドイズマイン」なんか軽く100人くらい死んでるけど。ちゃんと読まなきゃダメだなあと思った。


そういえば去年の9月に弘前に行ってきたけど、近くにワールドイズマインで爆弾事件が起こる駅やヨーカ堂とかあったので見てきた。「あーここで30人くらい死んだんだよなあ」と思ったらなんとも言えない気持ちになったのでした。