読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noise pop

生活

Dead or Alive

11/1。ツツジストック6(最近めちゃくちゃお世話になってるイトウタクロウさんの企画)を翌日に控えた、yodareのスタジオの帰り道、自転車で近所の交差点を渡っていたら車に轢かれる。死んだ蛙のようにベタンとうつ伏せで倒れたため、前歯を折る。とりあえず救急車で病院に搬送されて治療を受けた。待合室で待ってたら、車椅子のおばあさんが僕を見てギョッとして、「あたしはいいからお兄さん先に受けたら?」と言われ、「いや大丈夫っす、たいしたことないっす」と超紳士っぷりを見せつけたら、救急隊員のお姉さんに「たしたことありますよ」とたしなめられた。

 

治療を受けて帰る。帰宅してから頭にあったのは「明日のライブどうしようかなあ」ということだけだった。結果的に「出る」ということにして、タクロウさんに自宅まで迎えに来てもらう。僕の顔を見てドン引きしていた。無理もない。

 

会場について、色んな人から心配されると同時に「口だけバイオハザード」「ハロウィンはもう終わった」などといつも通りの対応をされる。なんで出ようと思ったのか分からないけど、多分家にいても気が滅入るだけだし、誰かと会っていないと気が狂いそうだったからだと思う。

 

yodareという、耳に全く優しくない音を出し、僕はといえばタンバリンを死ぬほど叩くので体力が全く続かず、一回練習するだけで普段の5倍の体力を使うバンド。やってる時はとても楽しく、意味や脈絡がない一つ一つの行動が、とても魅力的に感じた。僕はメガネを外していたから全く周りが見えなかったのだけど、多分みんないい顔をしてたんじゃないだろうか。

 

とりあえずしばらくは療養して、12/29のツツジストック7までには完全な状態で出られるようにしたい。この日はプリマドンナ(本バンド)は通常より長めのセットリストの予定。僕がなんとなく思いつきで発案した「あなたが誰とも合わず年越しをする24の曲」というコンピアルバムを40名にプレゼント。親戚づきあいが苦手な方、独り身の方、事故に遭って憂鬱な方。いい年越しを。