読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noise pop

生活

今日の打ち上げ行く?

耳をすませば」という、15歳の男女が求婚してそのままOK!みたいな感じになってしまうアニメの台詞をめちゃくちゃ大雑把だけど大体言うことができる、というどうでもいい特技を持っている(実家に残されたVHSでは「耳をすませば」が終わると、またすぐに二年前の金曜ロードーショーで放映された「耳をすませば」が頭から始まるという無限ループ現象が発生する)。

朝食をとっている主人公の雫が母親に向かって「そこつー」と言うシーンがあって、最初はてっきり「ぶこつー(無骨)」か「ろこつー(露骨)」だと思っていて「何かよくわかんねえけど、雫は『あたし、あなたたちと違ってこういう言い回しもできるのよ』みたいな学がありますアピールしてて嫌だなー」と10年くらい勝手に嫌悪していた。「そこつー」とは正確には「粗忽」と言う。意味は

[名・形動]
1 軽はずみなこと。そそっかしいこと。また、そのさま。軽率。「―な男」「―な振る舞い」
2 不注意なために引き起こしたあやまち。そそう。「―をわびる」
3 唐突でぶしつけなこと。失礼なこと。また、そのさま。
「ちかごろ―な申しごとぢゃが…わごりょの心得をもって戴せてくれさしめ」〈虎寛狂・米市〉
そこつ【粗忽/楚忽】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

らしい。やっぱり学がありますアピールしてて嫌だな。ろこつー。

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

実家に帰ったら、僕の小さな器では収まりきらなくなったストレスの海がノア並の大洪水を起こし、代償として痔が再発するという悲劇に見舞われた。結構、というかめちゃくちゃホラー。「痔は基本的には完治しない」というクリニックの先生の言葉を信じるならば、この痛みと一生上手く付き合っていくしかないのだという。なのでトイレは基本的にはウォシュレットがあるところを選び、座りっぱなしではなく、なるべく尻に負担をかけないようにしなくてはならない。ボールは友達!痔も友達!くそったれ!なので逆転裁判やってたけど、あまりにも長すぎて途中で放棄して仙台に帰ってきた。