読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noise pop

生活

知らない方がいいこともある

タバコをキャスターの1ミリにして少しだけ健康に気を使ってみたが、単純に本数が増えただけで、むしろ不健康を促進している気がするのでまたいつものに戻そうと思った。止めるという概念があまりない。

どろうみのスタジオ。最近は5人揃うことはほとんどないのだけど、なんとか必死にやっている。基本的に僕みたいな人間にビートを任せるというのは、目隠ししたまま首都高を歩くこととほぼ一緒だと思うのだけど、関本くんはそれを覚悟で誘ってくれている。練習後に初めてロイヤルホストに行った。セレブなババアがたくさん居た気がする。

プリマドンナのスタジオ。コブヤが京都でライブだったのでドラム不在だった。後半は僕が叩いていた。バスドラがうまく踏めずヨレヨレ過ぎて初期パステルズかと思った。B2北目店は携帯の電波が繋がらないので、山籠りしている気分になるのは僕だけだろうか。

今日は卸町をスーツ姿で4キロほど全力疾走するだけの一日だった。僕の革靴は長年酷使した結果、靴底がとんでもないことになっているのだが、めんどくさくて買い換えていない。足に豆ができた。帰り道、仙台まで6キロ歩いて帰ろうなどという、いつも通りの誰も得をしないエキセントリックな行動をしていたのだけど、後ろから小学生の女の子がトコトコやって来て、僕と同じ歩幅で必死に歩こうとしていた。当然僕らは歩幅どころか体力や足の長さが全く違うので、僕が先を歩く形になる。だけど女の子は「この人に勝てばお父さんが帰って来るの!」と言わんばかりの形相と根性で僕に必死に食らいついて来て、途中から僕は「なんだこれは」と思ってしまい、信号を渡って向こう側へ行くことにした。女の子は「やった!これでお父さんが…」という顔をしてそのままトコトコ歩いていってしまった。そんな競争しなくても、いつか歩幅が一緒の人と会えればいいなあ、と思う。疲れたから途中でバスに乗った。180円かかった。