読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noise pop

生活

アナログ派

松栄ホールと仙台パルコのレコード市を梯子したら、色々と財布が悲惨なことになった。松栄ホールは会場中に紙ナプキンの匂いが立ちこめていて凄いことになっていた。全部アナログで買ったのだけど、アナログは集め始めるともう本当に行くところまで行ってしまう気がする。

買ったもの

Brighten The Corners/Pavement

Tiger Trap/Tiger Trap

Non-Stop Hip-Action/Pussycat Trash

The River Is Wide/The Forum

Song To Rmember/Scritti Politti

Nerby Girl/Twist Her

You Get What You Deserve/Scientists

Pavementは当たり前のようにCDで持ってて死ぬほど聴いてたりするのだけど、やっぱりでかいアナログジャケットで置いてあると買ってしまうのだった。Tiger Trapはずーっとネットで探していたので、置いてあった瞬間変な汗が出た。値段は2500円。多分今まで中古で買ったアナログの中で一番高かった。これ買うために何枚か諦めた。ジャングリーポップ特有の疾走感が期待通りだった。


Tiger trap- puzzle pieces - YouTube

Pussycat Trashはパルコの方で、2枚で490円というコーナーで買ったのだけど大当たりだった。けたたましい落ち着きが無い曲が矢継ぎ早に鳴り響いて、聴いてるこっちを全く休ませてくれない。本当にゴミみたいだった。


Pussycat Trash - Fake Heart - YouTube

 

そういえば僕はツイッターのアカウント名で「DJやってるんですか?」とか聞かれることが非常に多いのだけど、ターンテーブルの回し方どころか、いまどっちから音が出ているのかたまに分からなかったりするし、更には音が流れていないヘッドホンを片耳にあてて「ほう…、ああ、はいはいはい」と何だか玄人っぽい行動をしたりと、虚栄心の塊のようなことばっかしているので、DJなどではないのだと思う。でも5月くらいにクラブで「DJ生活」名義でDJをやった。持ってくるCDが少なすぎてUnicornsを3回くらいかける羽目になったり、変な奴に逆再生のスイッチ入れられてパニックに陥ったりした。そんなこんなで心が折れかけていたのだけど、最近になってちょくちょくDJのお誘いが来るので、内心めっちゃビビっている。でもマジでDJのことよく知らない…。DJというかただのBGM係だし、場を白けさせることに定評があるので、何万人も踊らせる石野卓球すげーってなってる。どうでもいいけど石野卓球石澤常光(ケンドー・カシン)ってめっちゃ似てねえか。


PRIDE ハイアン・グレイシーVS石澤常光 (舞台裏映像) - YouTube