noise pop

生活

それはそれ、あれはあっち

大学ノート買ってきて、それに思いついたこと(日記、メモ、感想、愚痴、悪口、文句)を延々と殴り書きしていたら一週間が過ぎていた。これを見ながらブログとか書けばいい感じになるなあ、と思ったのだけど誤字・脱字が相変わらず多すぎて死にたくなる。最近色々忙しくて、更になんで忙しいのか自分でもよく分かってないのが結構ヤバいな、と思った。分からない漢字を調べる暇がないくらい忙しいわけでもないだろうに。馬鹿は罪。

sendai coffeeにHi,how are you?のライブを見に行った。初めてハイハワのライブを見に行った時の思い出というのは、多分もう二度と経験できない貴重なものだったと思うし、あんまり何回も言うもんでもない。あんな大雪の日に、あのライブに「行こう」と思った奇特な人間だけが見ることの出来た景色だった。言うとなんかよく分からないけど減る気がする。何が減るのかは知らないけど。

話を戻す。主催の杉山さんは藤子F不二雄をこよなく愛する方なので、ライブの空間も不思議と四畳半の部屋に居る気持ちになった。つまり落ち着く。ハイハワ原田君は「友達から借りてきた」らしいギター一本でガチャガチャやってた。ハイハワを聴くと、小中学校時代の通学路を思い出す。寄り道して本屋やつききん(こういう名前の肉屋があった)に行ったことがばれると、俺は人でも殺したのかというくらい怒られた。ダイドーの自販機でアイスミルクココア買うのも命がけだった。冬、腋毛が生えたことがとても嬉しかった(らしい)僕は、部活の帰り道、道端でおもむろに上着を脱ぎだし、腋毛を友達に見せていた。死んだ方がいい。そんないつまでも覚えていても何の得にもならない、ちびまる子ちゃんを500倍薄めた、なんちゃってカントリーロードがフルカラーで思い出される。不思議だけど「俺のこと歌ってるみたいだ」と思ってしまう。それはあの頃の思い出は誰にとっても普遍的であり、ハイハワの曲はそれを的確に刺激するような言葉の選び方のセンスが抜群だからだと思う。原田君は男版さくらももこだろう、多分。


Hi,how are you『?LDK』CM - YouTube

AOBA NU NOISEに行く。ワイキキチャンピオンズは相変わらず飛んでる。こないだブックオフ行ったときに、少し前のAOBAに来てたスペインのZA!のアルバムが280円で売られていたから買った。知性と身体能力が備わった時に最高の馬鹿が出来ると思うのだけど、1曲目からぶっ飛んでて笑える。ロックだけじゃなくてフリージャズの界隈とも繋がりがある妙なところとか好きだ。風呂敷をバッと広げて、それを最後は全部回収してるかのような気持ち良さ。ライブ行くべきだった。


Súbeme El Monitor | Za! - YouTube

こないだ久しぶりにヒラケンと翼くんとホルモン食べに行ったのだけど、後半、焦げたホルモンが網の上に散乱してて、思わず「東京大空襲だ!」って言ってしまったんだけど、あまりにも不謹慎すぎて笑うしかなかった。