読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noise pop

生活

Same As You

金曜日。アオバニューノイズ。初のDJとしての参加。その前に北天龍で北天龍飯を食べる。美味しい美味しいと一緒に行っていた彼女は言っておりましたが、過度の緊張により僕には味が感じられませんでした。タバコを吸おうにもライターを忘れる。このご時世、飲食店でおおっぴらにタバコが吸いたかったのに!と思い店を出る。そしてDJ。DJブースに迷い込んだ子犬のように右往左往。自分でも今一体何をかけてるのかさっぱり分からない。とりあえず今日の目標は音を止めないことだった。一曲目Yo La Tengoの「Sugercude」かける以外決めてなかったのだけど、なんとかワイキキにバトンタッチ。A Certain Ratioで終われたのは良かった。僕は1月のオルタナティブ小僧だった。

I Can Hear the Heart Beating As One

I Can Hear the Heart Beating As One

 

 このアルバム、大学一年のときに買ったときは何故か非常に気色悪いアルバムだと思いほとんど聴いてなかったのだけど、内定が無くなった後くらいに聴いたら良かった。切なくなってくる。アオバは普通に生活していては体験できない非日常が散りばめられてる空間なような気がする。次は2月にやりますのでよろしくお願いします。クラブに行くのはハードルが高いなと思ってる人にも来て欲しいです。安心して下さい、俺がいますよ。あと色々なお誘いお待ちしてます。切実。

次の日。4時に帰宅して5時に寝る。16時に起床。朝焼けかと思ったら夕焼けだった。焼きそばを作ったら水の分量が少なくて固かった。人生初めての焼きそば失敗だったので地味に落ち込む。

家に引き籠ってネットをする。年末のセールで買ったBoys Ageの音源を聴く。5枚くらいまとめて買ったのだ。空間系エフェクト、リバーヴで緩んだ音が今の自分に合ってるような気がした。相変わらず日本人っぽくないバンド。今年ライブ見れたらいいなあ。


Boys Age ✈︎ ELSE (Official Lyric Video)

あとメリー喜多川のことをウィキペディアで検索していたら「取引きや接待の達人とされ、芸能界に対して多大な影響を持っており、同時に財政界にも大きな人脈を持つことで知られる」という記述があってこのババア何者だよと思った。消される。