noise pop

生活

Jack Smith

何年前だったか忘れたけど、HIDARITEのライブを見に行ったらボーカルでありサークルの先輩だった川村さんが僕にSupreme Dicksの自作コンピをくれたのだ。なんでくれたのかは覚えていないけど。Supreme Dicksは俗に言う「聴く者を選ぶ」バンドだったらしく、聴きやすい曲を選んで焼いてきたものを貰った。iTunesに取り込む際、何の曲か分からなかったのでネットを駆使して数時間かけて全部調べて取り込んだ。mixiのコミュニティーで「腐り落ちる寸前のショートケーキのような 孤高のインディーアシッドフォーク」と書いてあった。参加メンバーが10人しかいなかった。

Unexaminde Life

Unexaminde Life

 

 Supreme Dicksに知らぬうちにハマってしまった自分は、無性に他の曲も聴いてみたくなり色々探した。微妙に高い値段ばかりが提示されていたので、あまり手が出なかった。なんというか、欲しいけど500円くらいなら、という感じ。その数年後の12月。下北沢に野暮用があってディスクユニオンに行ったらまさに500円でUnexaminde Lifeが売っていたので購入。うとうとしながら聴くと悪夢を見るようなダルい空気。でもピンと張った緊張感がたまにひょっこり現れては消えてしまう。私は不思議。「Jack-O-Lantern」が好きすぎて、まんま盗作して曲を作った。

www.youtube.com