noise pop

生活

Romeo Goes

来週のAOBAでかけようと思ってる曲とか色々考える。相変わらず統一感もクソもない感じで笑える。かけようと思ってたCDが2枚、中身が空だった。早く返せクソ野郎。スペインのPavementことsportsguitarのCDが出てきたので聴いてみた。どの曲もリフがいちいちネジが外れてる。それよりも衝撃的だったのが略称が「スポギ」という無理矢理感が半端じゃないものだったこと。ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキは当時ゴザイマンって呼ばれてたらしいけど。スティーブン・マルクマスのライブを渋谷まで見に行った時にサークルのOBの人が電話で教えてくれた。

Surface

Surface

 

sportsguitarのアルバムはどれでも280円以下でどこでも買える。

 

最近流行ってるMiitomoとかやったところで、他人との距離感の取り方が完全に麻痺しそうな気がして怖い。ハマると確実に終わる。ask.fmも。というかそういうネットで他人がいないと成立しない遊びをやったところで自分の人徳の無さが浮き彫りになるだけなのでやりたくない。怖い。

カラオケに行って久しぶりにオールしてみた。カラオケで必ず歌う曲といったらget wildとdon't let goと人にやさしく。ブルーハーツは会社の飲み会でも歌えるから偉大だ。「人間はみんな弱いけど夢は必ず叶うんだ」と歌っていたのは甲本ヒロトだったけど、こんなGReeeeNみたいなことをよく歌詞にしたなあと思っていたら彼女が「そんなこと思ってなくて、皮肉って歌ってるんでしょ」と言ってきたので納得した。数年前にライブに行ったときはマーシーのコスプレしたおばさんがいた。今でもいるのかな。「ガキを騙すのがロックだよ」とも言っていたのを思い出す。


FACTRY(THE HIGH LOWS)2

ヒロトはロブスター出した辺りの金髪の頃が最強だと思われます。メンバーもなぜか無駄に尖っててかっこいい。メンバーだけじゃなくて、ブルーハーツ解散~ハイロウズ結成の95年と、ロブスターを出した98年頃の客のファッションを比べると、バブルが崩壊した頃の様子が分かって面白い。

 

映画を一本見た。ウディ・アレンおいしい生活

おいしい生活 [DVD]

おいしい生活 [DVD]

 

 Aが喋ってたらBが喋り出してCがそれに被せて喋って来て…というように一言で表すとうるせえ。生きた人間がたくさんいる。全員バカだけど。生きてる。