読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noise pop

生活

NO MORE KINGS

No More Kings、無事に終了しました。ご来場して頂いた方々、出演してくれたバンド・DJの方々。本当にありがとうございました。めちゃくちゃ楽しかったです。去年の10月から本当に深いこと何にも考えずに「No More Kings」という、名前すら適当なイベントをやり出して、その中で漠然と「CAR10を仙台に呼びたいな」と思いがあり、紆余曲折あってやっと呼ぶことが出来ました。

今回は色々と試してみようと思い、自宅の棚にあったブックオフ行き寸前のCDと自家製レモンサワーをバカ値で販売してみました。当日。スタジオに行く前にお店で昼飯食っていたら突然店長っぽい人が「たくさんCDありますね」と話しかけてきて「これ今日売るんです」と言ったら「マジですか、見ていいですか」と突然物色し始めて結果的に7枚くらい買ってくれました。2500円にしました。本当は目玉CDとかあったんですが。幸先がいいです。そのままB2に行って色々準備とかしてたらCAR10、suueat.のメンバーが到着。まだ全然準備終わって無かったけど予定より1時間早くそのままリハーサルに突入してて、当たり前だけど予定より早く終わって手持無沙汰感が半端じゃなかったです。だけど時間に余裕ある人間は素晴らしいと思います。そうしてる間に他の出演者とかやって来て開場の時間に。

今回DJをお願いしたSomewhere In My Heart の皆々様。相変わらず最高しか提供しない。今回アナログのみという条件のもと、滅茶苦茶いい曲ばかり流してもらいました。特に鎌田さんにはPAも頼むという厚かましさを存分に発揮してしまいましたが、快く了承してもらいました。本当にありがとうございます。tdsgk先生、みえさん、ターンテーブル貸してくれたランボーさん、ありがとうございました。

トップバッターのingri & the mommies。最初に見たときは頭の上に?マークがついて、何やってるのか分からなくて茫然とした記憶が。でもその後見る度にちゃんとした土台の上でめちゃくちゃ暴れまくってるバンドなんだなあ、と思い好きになりました。今回はトップバッターでイベントにめちゃくちゃ勢いを付けてくれて最高でした。スタジオライブは初めてってところが意外だったけど、ばっちりハマってました。

ki kaは前回の企画にも出てくれて、今回も誘って出てもらえることになりました。みんな良い奴です。前回の企画で初見の人に評判良かったのがki kaなんですが、そういう人の心をグッとつかむ強さがki kaにあると思います。今回長井君に25分じゃ短いよ!40分やらせてくれよ!と言われたので少し押してもいいよと言ったらちゃんと時間通りに終わってて偉いなあと思いました。500円で買ったビデオデッキに10年前のk-1dynamite!が入ってたわ、って話で笑いました。新曲、受付にいたから聴けなかったけど、あとからツイッターに動画上がってたから聴きました(見ました)。便利な世の中になったな。ちょっと荒っぽくて壮大だった。好きです。

suueat.は今回CAR10と一緒に足利から来てくれて嬉しかった。全員のコーラスが重なり合ってる感じがドリーミーで、至る所でポップセンスが爆発してました。スタジオの音の関係でどこかシューゲイザーっぽさもミックスされてて偶然の産物だとしてもそれも良かったです。ほとんど初見のお客さんばかりだったと思いますが、終わった後に「suueat.良かった」って声も結構聞こえました。嘘じゃない。CAR10もだけどメンバーみんなちょっと気が触れてました。最高です。

portは太田君が数日前まで喉の調子が悪くて天龍源一郎みたいな声になりかけてたらしいけど無事に出られてよかった。tdsgk先生も言ってたけどCap'n Jazzやjoan of arkを彷彿とさせる部分があった。前身のバンドはもろpavementへの憧れが強そうだったけど(そういえばリハで太田君、Gold Sounds弾いてなかったか?)、portは90年代エモとかにグッと寄ってて演奏もキレキレになってて最高でした。どうでもいいけどMC中にCAR10、suueat.陣と地元が同じらしい太田君がローカルトークし出して笑いました。

そしてCAR10。一曲目の「暮らしの歌」のドラムが鳴った瞬間から血管がブワっと開く感じになって、テンションがぶち上がりました。矢継ぎ早にどんどん曲を連射していき、会場の空気もガラッと変わるのが分かって、もう自分で自分がわけ分かんない感じになりました。ラストの海物語が終わるまであっという間過ぎて、実際には10分くらいしかやってないんじゃないかと思った。アンコールでJozeをやってくれて、CAR10の中でもめちゃくちゃ好きな曲だったのでいよいよ自我がぶっ壊れ始めたときに、ゆーこーさんが俺を抱えあげてくれて人生初のダイブをしました。天井低くてガンガンぶつかって「あぶねえって!あぶねえって!」とか言ってたような記憶がありますけど、めちゃくちゃ楽しかった!

ここで全部終わって時計見たら予定の時間ぴったりで笑った。なぜなら絶対に押すと思ってめちゃくちゃゆとりのあるスケジュールを組んだから。打ち上げ始めたのが23時ぴったりでなんて健康的なイベントなんだ!って自分でビックリしました。打ち上げで今回同行したkilikilivillaの安孫子さんと話してなんか色々救われました。今まで自分が思っていたことや感じていることを人に話しても、分かってもらえなかったり否定ばかりされてきたので、背中を押してもらえた気分でした。僕は自分がやってることをメインストリームだともアンダーグラウンドだとも考えたことがほとんど無いけど、単純に今回は「CAR10のライブが仙台で見たいから」という理由だけでやった気がします。それ以上でもそれ以下でもないです。そこに自分が好きなバンドや人を巻き込んで何か面白いことがやれたら、もうこれ以上最高なことはないと思います。去年の10月にNo More Kingsという名前を付けてイベントをやって、今回一応第二回なんですが、まさか二回も続くとは思ってなかった。今回だってただ前回付けた名前があるからまた使うか、くらいのレベルの話です。でも安孫子さんに「続けた方がいいよ」って言われたので続けることにしました。なんて単純な人間なのでしょうか。どうでもいいけど安孫子さんが俺の事ちゃんと宮崎君って呼んでてすげーと思った。感動した。今まで普通にあびちゃんって呼んでたのに、家に帰ったら普通に安孫子さんって呼んでた。打ち上げも終わって一本締めでしめようとしたらゆーこーさんが三三七拍子勝手に始めて笑った。

ここまで書いて言い忘れたけど、持って行った私物CD全部売れました。残ってた奴全部買ってくれたちまゆさんへ。ハイロウズのシングルのカップリングはどのアルバムにも入ってないのでおススメです。七ツ森の高橋さんもフリーペーパー増刷して持って来てくれてありがとうございます。七ツ森の狂乱の企画も北目B2で16日にやるからみんな行こうぜ。

CAR10、suueat.、安孫子さん。本当にありがとうございました。企画のド頭から最後の別れ際まで最高でした。また絶対に仙台に来て欲しいです。ていうか足利にライブ見に行きたい。そして出演してくれた方々、色々迷惑をかけましたが本当にありがとうございました。No More Kings、もう少し続けていきますのでよろしくお願いします!

f:id:chinpan_club:20160411230954j:plain