noise pop

生活

山形で財布と携帯を無くした話

土曜。Do itへ。ki ka長井くんパヤちゃんと合流して作間さんの家に行き、そこから酒田に行く算段だったけど、作間さんの息子のいちくん(5歳)が「僕もライブに行く」と行って泣き出して、5歳児に野外の長丁場のライブはきついからと言っても行く行くと言うので隙を見て出発した。泣き声が聞こえた。その後泣き疲れて寝たらしい。

do itは工業地帯のでかい倉庫のステージとか海風とか新鮮だった。こういうステージが複数ある場所では、一つのライブをがっつり最後まで見ることはあんまり無くて、摘み食い程度にちょこちょこ移動して見ることが多いのだけど、マヒトゥ・ザ・ピーポー with NEVER END ROLLERSは最初から最後まで目が離せなくて久しぶりに「怖いな」というくらいぶち切れの演奏を見て満足して、その後すぐにずっと見たかったmanchester school≡が最初からアルツハイマーとかKIDSとかのキラーチューンを連発してきてめちゃくちゃ興奮して、その後CAR10のライブを観て色々考えながら4分くらい立ち竦んでいたらステージ前にカバンを置いていた事を思い出してすぐに戻ったけど何も落ちてなくてその瞬間に「あ、これはやばい」と思う。カバンの中には財布、携帯、保険証、免許証、歯医者の診察券、ドラえもんデザインのTカード、2000円、キャッシュカードが入っててこれを無くしたら俺は生きて仙台へ帰れない、と思う。すぐに受付に行ったけど届いてなくて絶望。太田くんや杏奈ちゃんがステージ下をライトで照らして探してくれてるのを見てめちゃくちゃ死にたくなった。色々な人に「カバン無くなっちゃったんですよ」って言うとみんな「え、どうして無くしちゃったの!?」って聞いてきて確かになんで無くしたんだと思う。大体のところ、カバンが無くなったという俺の被ってる帽子が、この間見学したキリンビール工場で買ってきた帽子だったのが絶妙に間抜けで笑えた。クリトリックリスが演奏してる最中探す。お客さんがみんな笑っている。俺は感情がないので良いとも悪いとも思わない。MOROHAがやっているステージに行ったらMOROHAが「大丈夫、大丈夫、きっと大丈夫、明日はいいことあるって、だから今日はおやすみ」って歌っていた。感情はまだない。その後たまたま通りかかったCAR10の永井くんとNOT WONKのフジ君が一緒に探してくれた。そうしたら関係者しか入れない楽屋に普通に置いてあったらしく、カバンを手に意気揚々と出てきた2人を見て「おお、神よ」と思った。ありがとうございました。もう北海道と足利に足を向けて寝られない。安孫子さんに「ブログのネタ出来たと思ってるでしょ」と言われたけどその通りだと思った。そのあとは調子に乗ってFRYDAYZやテニスコーツを観て、夜中のこんな工業地帯に人が沢山いて不思議だなと今更なことを思いながら帰った。

日曜。急遽クラブスヌーザーのNOT WONKのライブを観に行くことにする。NOT WONKのライブは今まで見たものの中で1番良かった。昨日見たGEZANとかmanchester school≡もだけど、本気度が桁違いだから観ててグワっとなる瞬間が何度も何度も波のように押し寄せてくる。あと4月に自分がやった企画に来た人がDo itとクラスヌに来てて今日初めてちゃんと話せて良かった。あれから半年しか経ってないけど、もう2年くらい経ってる気がする。それくらいここ1年くらいが濃密過ぎる。そりゃ俺も太るなと思いました。終わり。