noise pop

生活

4/7

ツタヤ泉中央店が閉店するらしいのでセンチメンタルな気持ちになった。sweet sixteenを借りて観たのは多分そこのツタヤ。救いがない馬鹿がたくさん出てる映画だった。CDも大量に借りたけど何を借りたのか1枚も思い出せない。去年から市内のツタヤが3店舗くらい潰れているので仙台駅前店に行ってCD17枚くらい借りた(爆借り)。ツタヤで借りるというのは自分の中ではあくまで「視聴する」って感覚に近くて、もう何も考えずに借りるから結果的におぞましい量になる。サッチモスも借りる。何気に数年前に対バンしていた。その時は直接じゃなくて、ライブハウスの受付にあるモニターでライブを観ていてライブハウスの人と「うわ〜すごいな〜この人達まだ20歳くらいらしいよ〜すごいな〜」みたいな事を話した記憶がある。本人達とは会話どころか1秒も目も合わせてないけどオーラめちゃくちゃあった。アディダスのジャージ着てた。

今週は仕事終わって帰ろうとした瞬間に突然ロッカーや机を運び出す大掃除が始まったり、子供たちに風船を配る仕事をしたはいいけど、平日なので老人しかやって来なくて暇で呆然と立ち竦んでいたりと苦痛尽くめの1週間だった。映画を観た。ズートピア、マン・アップ!、教授のおかしな妄想殺人。どれも均等に面白かった。ズートピアのウサギとは友達になれないと思う。マン・アップ!はサイモン・ペグの偏屈な野郎の演技が良かった。冒頭に大山君に激似の男が出てきたので笑った。

4/7のアオバニューノイズですが、ゲストアクトは呂布カルマさんです。来てくれ来てくれ来てください。鎌田さんがサラッとツイッターで書いてたけど、アオバニューノイズはライブイベントでも無ければクラブイベントにも括られるか微妙なところで、どこにも行ける、どっちにも振れる部分が長所だって自分は考えています。あんまり肩の力張らずにふらっと来てもらえたらいいと思います。

今は東京に向かってます。最初はonly realとDYGLのライブを観に行こうと思ったけど、日が経つにつれて段々と面倒になって来たのでレコード買って飲んで帰ろうと思いチケット買わなかった。DYGLはデイグローって読むって今年のbikini loungeの辺りに知った。高速バスは1番後ろの窓側という、中学の遠足のバスで不良が独占しそうな席が割り振られたので満足です。カフェラテから生ゴミの臭いがする。roxy musicを聴いている。