noise pop

生活

引っ越し

引っ越ししました。僕は大学から仙台に住んでいるのですが、3回目の引っ越しです。新居は青葉区です。仙台に住んでる方なら分かってくれると思うのですが、仙台の青葉区と言ったらめっちゃ都会です。泉区宮城野区青葉区、という順調にステップアップしてる感じが凄まじいのですが、仙台市在住じゃない人にはいまいち伝わらないのが歯痒いです。あとよく考えたら青葉区って言っても山とか温泉とかあってかなりピンキリです。だけどそこは腐っても青葉区。地下鉄の最寄り駅が徒歩一分という立地です。あとは会社まで地下鉄、そこから自転車で行くことになったのですが、以前は片道30分かけて雨の日も雪の日も自転車で通勤していました。片道30分と言う事は往復1時間です。冷静に考えて一日のうち1時間、自転車で必死に走っている生活と言うのはなかなか厳しいものがあります。それに雨の日も雪の日も自転車で1時間走っているのは正気の沙汰じゃない。僕は平日朝にバスに乗るのがめちゃくちゃ嫌いなのでこんな生活を送っていたのですが、引っ越してから2日間、地下鉄に乗っていて以前の生活を思い出し「アホくさ…」と思ってしまいました。それくらい楽です。音楽を聴く、本を読む、寝る。今まで自分に欠けていた生活が戻って来ました。仙台の地下鉄の運賃は全く優しくない。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 今まで使っていた自転車を会社〜駅の間で使用することにしたのでプライベートで使える自転車がなくなってしまって、最初はまあいいかくらいの気持ちで買わない方向で行くことにしたのだけど、引越し1日目で不便過ぎてこのままだと発狂しかねないと思ったので結局買うことにした。もう1日1時間乗らなくてよくなったので安ければ何でもいいと思ってネットでクソ安い自転車屋さんを検索した。そうしたら一軒、自分の望みを叶えてくれそうな自転車屋が近所にあった。だけどクチコミは6件全て星一つという評価で、「二度と行かない」「店員の態度が悪過ぎる」「クレーマー扱いされた」「一般常識を勉強しろ」などと辛辣なことばかり書いてあり、普段だったらこんな店絶対に行くかと思うのですが、このご時世にここまでボロクソに叩かれている自転車屋も珍しいなと思い、ちょっと気になったので行くことにした。歩いて10分ほどの距離にある自転車屋。どんなクソジジイが出てくるのかと怖さ半分ワクワク半分くらいの気持ちで向かうと、個人経営店とチェーン店のちょうど中間辺りの古びた自転車屋が見えて来て「ここか…」と思った。外に置いてあるアウトレット品と書かれた自転車は確かにどれも安くて、その中にぶどう色の小型の自転車が13000円くらいであったので、それを買うことにした。奥にいた店員に声をかけると「これですね、はい、ありがとうございます」と言われ、ごく普通の対応をされ、ごく普通に自転車を整備してくれて、ごく普通に防犯登録も済ませ、「この自転車は鍵とライトが無いのでそこだけすいませんね」とごく普通の気遣いも見せてくれて、ごく普通にそれに乗って帰った。クソでもジジイでもなかった。釈然としねぇ…と思ったけど、ぶどう色の自転車が尋常じゃ無い乗り心地の良さだったのですぐに忘れた。家に帰って今日買った自転車の値段を調べてみたら5万くらいする自転車だった。ありがとうございました。終わり。