noise pop

生活

出演者紹介⑥GELLERS

GELLERS

東京都出身の幼馴染同士で結成。リーダーは特に決まっていない(ウィキペディアより)。メンバーは田代幸久(vo,key)、川副賢一(vo,gt)、トクマルシューゴ(vo,gt)、大久保日向(ba)と猛者が集う。仙台、というか東北でライブをやるのは(おそらく)初。メロウ、ポップ、サイケデリック、衝動、破壊、全てが同居した(してしまった)不思議なバンドです。ゲラーズの音に触れたのはシングル「GUATEMALA」を買ってからで、表題曲ももちろん好きだったのですが、それ以上に衝撃だったのは4曲目以降のライブ音源の流れでした。それまではポップで少し不思議な雰囲気を持ったバンドだな、くらいの感覚で聴いてましたが、ライブ音源では泣いて笑って暴れて駄々こねている、本能のまま行動する子どもみたいなカオスぎりぎりの音が鳴っていて、本当に同じバンドか?と思いました。もう言葉に出すことすら恥ずかしい「初期衝動」という単語が頭の中に出てきて、しばらくモヤモヤした生活を送りました。中学生の頃に思い描いていた、ありもしない空想や人には言えない恥ずかしい黒歴史みたいなものが、一気に目の前に広がった感覚。そんな不思議な感覚が延々と続いていくバンドです。仙台に呼べて本当に嬉しいです。