noise pop

生活

リアル

中学2年の時、下校中にゴミ捨て場からちびまる子ちゃんの8巻を拾って家に帰って読んだらめちゃくちゃ面白かった。最後に収録されていた「陽だまりの粒」って中学生の淡い初恋を描いた短編が、当時自分の置かれていた環境と違い過ぎて愕然とした。でも本当に心理描写とか「多分これが中学生のリアルなんだろう」って思わせるくらい綿密で何度も読み返した。僕が中学2年の時はまさに学級崩壊真っ只中で、担任の女性の先生が何も言えないのを良いことに不良が幅を利かせていた。中学2年の不良って一番質が悪いと思う。挙げ句の果てに不良のトップが美術の先生ぶん殴って怪我させて新聞に載った。体育館で臨時の全校集会が開かれて、その模様が夕方のニュースで流れていた。体育館の外から中の様子を撮影している、まさに「ニュース」みたいな感じ。これがリアルだった。でも中2の頃はすごく楽しかった。ガキの使いでココリコの2人が「どの頃が一番楽しかった?」って聞かれて2人とも「中2」って即答しているのを見て「やっぱり」って思った。

同じ頃に姉からI"sを借りて読んでいて「これが高校生のリアル」と信じていた。1巻の表紙を見て事件性すら感じる衝撃だった。同じ衝撃を受けてI"sを買い始めた姉は「主人公が気持ち悪い」というものすごく簡潔な理由で全巻ブックオフに売ろうとしたので僕が1冊50円で買い取って、引き続き高校生のリアルを感じていた。最近I"sが実写化されるというニュースを聞いて、以上のことを思い出した次第です。終わり。

ちびまる子ちゃん (8) (りぼんマスコットコミックス)

ちびまる子ちゃん (8) (りぼんマスコットコミックス)

 
I

I"s (1) (ジャンプ・コミックス)