noise pop

自分の生活が第一

今年の夏

夏の終わりにPCをぶち壊したのでネットで1万円の中古のPCを買いました。2010年製らしいので僕が以前使っていた2009年製(大学2年の時に買いました)と殆ど変わらないのですが、僕はPCに拘りが全く無いので「もう何でもいいよ」というスタンスです。ずっとこのままです。届いたPCは嫌に使いづらく起動も遅く1時間に一回はwi-fiが遮断されるのですが、何でもいいというスタンスなのでこれを使い続けます。パソコンでブログを更新できる喜び。無くして初めて分かる有難さ。ありがとうありがとう。

大学生の時は毎日行っていたブックオフの500円コーナーに今年の夏は一回しか行かなかった。あの9割9分9厘ゴミしかない500円・280円コーナーから自分にとっての宝を見つけて救い上げる瞬間とか、ジャケ買いして成功したり失敗したりして金をドブに捨てる感覚。あそこで養えたものは結構大きいです。当時は一番町にあったHMVで輸入新品で購入したけどその後無事に280円コーナーの常連になったThe Viewの1stとか、ジャケが良くて買ったけど聴いたら全然良くなかったので1週間後に5円で売り飛ばしたMother Earthとか、最近になって改めて聴いたらめちゃくちゃ良くて感動を覚えたものがかなりあります。そういう気持ちを思い出させてくれたSpotifyありがとう。車で宮城県内のブックオフ巡るやつまたやりたい。

ハッツ・オフ・トゥ・ザ・バスカーズ(期間限定)

ハッツ・オフ・トゥ・ザ・バスカーズ(期間限定)

 
PEOPLE TREE

PEOPLE TREE

 

 

Spotifyの勝手におススメで提示されるプレイリストのタイトルは基本めちゃくちゃダサい。静寂と黄昏、J-Rock now、Rock Anthems Japan。This Is Suchmosってのは何か笑ってしまいました。2017年に僕がよく聴いた曲が表示されるのは良いなあって思いました。

open.spotify.com

ゲット・アウトという映画を見に行きました。本当に脳みそ活性化するくらいハラハラドキドキの面白さ凝縮された作品でした。余計な概略とか一切聞かずに映画館に駆け込んだら本当に良いと思います。とりあえずめちゃくちゃ面白かった…。それしか言えねえ…。終わった後1時間くらいずっとその映画の話をしていた。考察サイトを読んで足りなかった部分を補完してまたもう一回くらいは観たいです。2回目見るときは多分笑いながら見てしまうんだろうなと思います。それにしても映画の考察が鋭い人というのはどういう風に映画を見ているのかとても気になる。あそこの場面はあれのメタファーだ!とかそんなすぐに気づくのか、すげえなと思います。その洞察力と感受性を分けてほしいです。

www.youtube.comどうでもいいけどゲットアウトって聞くと、プロレススーパースター列伝の「ゲラーアウト(でていけ)!」ってダイナマイトキッドのセリフを思い出してしまう。

最近印象に残った言葉とか出来事とかをさらっと携帯にメモするようにしているのですが「ハゲゴリラ」「小豆色パーカー」「カップヌードル1000円」という書き置きが一体何を意味しているのか考えても分からないので困っています。ハゲゴリラに関しては薄っすらと何かの固有名詞だったような気がする…という段階まで来ましたが、仮に思い出したとしても絶対に面白いことではないので忘れたまま死んでいこうと思いました。メモを残しておいて良かったと思った今週の出来事は、帰りの電車で横に座ったギャルのイヤホンの音漏れで流れてきた安室奈美恵。なんだかよく分からないけどグッときました。