noise pop

自分の生活が第一

凸凹

原田くんが家に来た時に見た俺所有のハイロウズのDVDがやっぱり凄く良いという話です。ラストアルバム、Do The★mustangのツアーDVDなのだけど、殆どの公演がスタッフのハンディカムカメラみたいなので撮影されているから基本PAブースからの引きの映像。音も映像もめちゃくちゃ粗い。それがバンドとしてのハイロウズの魅力を引き出してるよう気がしてグッとくる。あとはもう円熟し過ぎてしまったバンドのグルーヴ感というかこなれて来た感というか、何処と無く哀愁が漂っているところも好き。前半はアルバムの曲やって後半はヒット曲メドレー、みたいな。ブルーハーツの凸凹珍道中見た時にも感じだけど。そういう大体のことを想定出来てしまうハイロウズらしくない感じが垣間見れる。砂鉄、荒野はるかに、スパイダーホップと言った後期シングルのMVも収録されているけど、どれも最後が食事のシーンなのが笑える。これとは関係ないけど「アウトドア派」って曲のマーシーのパート「どうして部屋にいなかったんだ〜♪」が頭でリフレインしてます。加藤ひさし片寄明人ブルーハーツ対談が面白かった。

The ★MUSTANG 04-05 [DVD]

The ★MUSTANG 04-05 [DVD]

 

 

www.cdjournal.com

////////////////////////////////////////////////

DAFウィキペディアを見ているとなぜか気分が高揚してくる。「誤って、単なるシンセ・バンドとされることがあるが、DAFはパンクバンドである」という要出典つけられそうな記述。東京アオバの時のイアンさんのDJとか思い出します。無表情で一方的に殴りつけられてる感じ。自分の中に存在していなかったものが確かに入ってきて、新たに「格好いい」ものが加わる瞬間。

Das Ist Daf

Das Ist Daf

 


DAF - Der Räuber und der Prinz 1981

////////////////////////////////////////////////

オブ・モントリオールの新曲を少し聴いたら予想以上にピコピコしていた。サタニック・パニック・イン・ジ・アティックの時のサイケポップな曲が好きだったのだけど、ケビン・バーンズの常に新しいものをアップデートしまくる姿勢が尊敬に値する…。ツアーで仙台来た時に対バンしたのですが良い思い出です。「どうも、オブモントリオールです」とMCして鬼スベりしたり、オブモン見に来たお客さんにオブモンのスタッフと間違えられて物販の対応をしたりして。オブモンのメンバーが普通に気の良い外国人達でした。ギターの人だったかに「一番好きなバンドは?」って聴いたら「メルトバナナ」って返されたのがめちゃくちゃ印象的でした。

Aureate Gloom

Aureate Gloom

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////

The Broken Heartsのlost in little tokyoというアルバムを購入したのだけどかなり良いです。冒頭1秒で分かる曲の良さ。吸い寄せられる。普遍的なものほど人に良さを伝えるのは難しいと思うのです。

 

Lost in Little Tokyo

Lost in Little Tokyo