noise pop

自分の生活が第一

カラオケ行きたい(20回)

奥さんがグリコに電話して宮城県内でドロリッチを売っているお店を教えてもらったらしく「とても行動力があるな」と感心しました。仕事が終わってから柏木の生協まで買いに行った。とても遠くて寒かったです。こんな家から遠い生協にわざわざ来ている理由が「仙台市内で有数のドロリッチを売っている店舗だから」なのですが、良いと思います。二つ買って帰った。ここまで僕は何もしていないです。そしてドロリッチを初めて食べた(飲んだ)感想ですが「少ねえな」でした。これで200円近く取るのか、ぼったくりかと思いました。味は美味しかったです。気が向いたら柏木の生協でまた買います。本当に何もしていないです。

 

カラオケに行きたいけど行くのがとても面倒だったので、奥さんがニンテンドースイッチのカラオケソフトをダウンロードしてマイクを自前のPAセットに繋いでカラオケをした。カラオケって周りを一切考えずにバカ騒ぎ出来る事が最も重要なんだと思いました。僕の家はごく普通のマンションの一室なので、隣の家から苦情が来ないかビクビクしながら「ドラえもんのうた」とか歌っても何にも楽しくないのです。抑制されながら羽目を外すという器用な真似は出来ない。あと「カラオケに行く」って覚悟というか目的があるから良いのであって、家にいて俺がネットやってたり本読んでる横で奥さんがglobeを歌ってるというのは単純にうるせえ。普通にカラオケに行った方がいいです。

 

スティーブンマルクマスの新曲、23秒くらいしか聴けないけど好きな感じだと思います。僕はあの人の「出来ないふりしてるけど本当は出来る」みたいな部分がムカつくけど好きなんだと思う。Pavementは1人の天才とバカ4人のバンド。


Pavement "Summer Babe" Live 9/30/2010 @ the Hollywood Bowl

ギターをブラブラしてるところが格好いい。

 

久し振りにiPod classicを出してきて使っています。spotifyとかは便利なのだけどあまりに情報が多すぎて上手く扱えない時がある。あるというかここ最近はほぼそれで疲れています。iPodの電池の減り方が想像の域を超えていました。Blank TapesのHome Away From Homeというアルバムを聴いてます。ローファイ過ぎずポップ過ぎずでいい塩梅の作品でとても好きです。 

Home Away from Home

Home Away from Home

 

Yuckの3rdアルバムというものを初めて聴いた。2ndよりは全然好き。音の粗さとか音質とかめちゃくちゃあざといところが感じるけど…。こういうの好きやろ?ん?みたいなドヤ顔が浮かんでくる…。Yuckが2ndと3rdの合間に出してたsouthern skiesをその後聴いたけどこれはぶっちぎりで好き。Yuckの前身のケイジャンダンスパーティーが解散した直後のスヌーザーのインタビューで「例えばバンドがオフの時、メンバーは皆休みを取ったりするんだけど、僕とマックスは曲を作りたいって思っているから解散したんだ」という旨をボーカルのダニエルが言っていたので、そのダニエルがYuckを脱退するという時は「また辞めるんか」と思った。

 

Southern Skies

Southern Skies

 

 

Stranger Things

Stranger Things

 

 

荒吐ロックフェスのオーディションに参加しているバンド(100組以上いた)を見ていたらめちゃくちゃ気分が落ち込んだのですぐに寝た。色々な気持ちとか考えの人が、自分の想像以上に存在していることを知る。興味のないこと・関係無いことには一切関わらなくていいし、自分に1mmでも引っかかりがあることは知りたいって気持ちがあればもう良いです。高橋君が田島ハルコ仙台に呼ぶの、すごくいいと思う。