ノイズポッピングシャワー

自分の生活が第一

豚足

中学のソフトテニス部で通算1勝しかしてない話ですが、よく考えてみれば僕はそんなに真面目にソフトテニスに打ち込んでいたわけではなかったので、まあそれじゃあ勝てるわけないよね出直してきな、と今では思います。先生から「帰れ!」と言われると何のためらいもなく帰宅する友人達に囲まれて過ごした3年間でした。カラスの巣がある木を度胸試しで蹴っ飛ばしてカラスに襲われる人、理由もなく全力で走り回って転倒し耳から出血する人、テニスラケットをコンクリートの壁にめちゃくちゃ叩きつけて半年に1本くらいのペースで親に買ってもらう人、と、こんな人達が周りにいたら練習するのも段々とアホくさくなってきました。でも3年生の最後の大会は流石にちょっと真面目に練習し、初めて一回戦を突破。いやぁこれいけるしょ〜とフラットな気持ちで二回戦に臨みましたが最初はリードしていたもののそのあと逆転負け、そこで僕のテニス人生は終わったのでした。ソフトテニスは基本的にダブルスで、僕は3年間ずっと同じ人とペアを組んでいたのですが、その最後の試合が終わった後に「3年間お前と組んでて良かったわ」と青春映画のラストみたいな台詞を普通の温度で言われてビックリしてしまった。なんというか「良いことを言おう」という曇った感じが一切無い自然と心の内から出てきた言葉っぽかったから15年経った今でもかなり心に残ってる。あの台詞が聞けたからめちゃくちゃつまんなかったけどテニスを中学3年間やってて良かったな〜と思います(全然関係ないけどハイハワの新譜に寄せてる色々な人のコメントもそれに近い感じがしてめちゃくちゃ良い!)

 

先日のダンスホールやまびこが終わった後、僕ら夫婦と後藤さんとYENの方々でアーケードを歩いていて、位置的には僕と後藤さんが先に歩き、その数メートル後ろを奥さんとYENの人たちが歩いていたのですが、僕と後藤さんが歩くスピードが速かったのかどんどん距離が広がっていき最終的に10メートル以上差があった。その途中でエナジードリンクのモンスターを配布していて「ああ、またモンスター配ってる。奥さん、ああいう飲み物嫌いなんですよね」と後藤さんに話し、またしばらく歩いた後にふと奥さんの方を見ると先程の無料配布モンスターを持っておりまして、僕は「いい加減にしろよ」と思ってしまいました。こういう飲み物は嫌いだ不味いと言っておきながら無料で配っていたら絶対に貰うので、僕の家には誰も飲まないモンスターが備蓄されています。あとなんか俺が後藤さんに軽く嘘ついた感じになったのも釈然としない。

次の日。会社に行く前にいつも立ち寄るコンビニでレッドブルを何の気なしに購入し、一気に飲み干し仕事をしていたら、キメたんかくらいの頭のスッキリ具合で、10回同じことを教えても一向に覚えてくれない事務の人に11回目の指導をしていても全く疲れず、逆に「分かる分かるよ君の気持ち」と、仕事は辛いけど一緒に頑張りましょうね!と仕事に対する意識を共有しようとまでしていました。何が入ってるのかよく分からないですが、これ一つでその日の体調の良し悪しが決まってくると考えたらめちゃくちゃ怖くなってきたのでもうしばらく買わないです。さようなら。

そして1日にエレカシの新曲を30回くらい聴きながら生活していますが、これも頭の中がすっきりして仕事に臨めていることに関係しているかもしれません。「剛者(つわもの)どもの夢のあと〜♪」という部分が好きなのですが、そこだけだと60回くらい聴いているのではないでしょうか?さすがにちょっと聴きすぎたなと思い、wild nothingという全く違った方向に舵を取ったのですがこれで一気に温度が30度下がったので良かったです。goon saxの新しいアルバムが出るのでテンションが上がります。前より少し丸くなった感じもしますが、相変わらずのガチャガチャ具合なので好きです。あとやっぱりベースの人がめっちゃいい奴そう。ダンスホールやまびこの時に最後に色々音楽流しながら「俺はこういう音楽が一番好きなんだよね」とあらためて考えて、家に帰ってからwolfieとかドン・ディクソンとか聴いていたらめちゃくちゃ嬉しくなってきた。

 

金曜の夜、仕事終わった後に奥さんとみさこさんと宮田さんと合流してお祭りに行きました。みんな藤崎とかコンビニで食べ物や飲み物を持っていたので奥さんに「何かください」と言ったら飲みかけのビールをくれた。お祭りは大学生を通り越して中学生みたいな気持ちになってしまいました。お祭りで同級生の女子と会うとめっちゃテンション上がるタイプでした。めちゃくちゃ高い特設ステージでチャゲアスの偽物みたいな2人組が演奏をしていて、そのニセチャゲアスのライブを50人くらいが真剣な眼差しで見ていて良かった。買ってきたお惣菜どこで食べる?ってなった時にみんなで東北大学のキャンパスに忍び込もうとしたら、いやいや常識で考えてそれは駄目だろうと僕が冷静な判断を下したので事なきを得た。結局僕らの家に行った。藤崎で買ってきた豚足を食べていたら「肉から毛が生えている」という理由で誰も手をつけなくなったので冷凍庫に保存しました。困ったら冷凍庫に入れましょう。マリオテニスをみんなでやって盛り上がって悲鳴も上がった。宮田さんはポイントを叩き込むとキャラクターをクルクル回転させて喜びを表現していた。みさこさんはめっちゃ弱かった。「バックハンド」というテニス用語を使っていて元テニス部とのことでした。めっちゃ弱かった。花火は原田くんが来ないと打ち上げられないので早くきて欲しい。

f:id:chinpan_club:20180722185413j:image

f:id:chinpan_club:20180722185422j:image

f:id:chinpan_club:20180722185430j:image