noise pop

自分の生活が第一

秩序のない世界

1日目。苗場に着いてまず最初に砂埃すごいなと思いました。雨降ってほしいなと感じましたがこれは後に覆されます。奥さんからグリーンステージ、ホワイトステージ、レッドマーキーなどをまるで自分の家くらいの感覚で案内された。豆粒くらいの大きさのMONGOL800を観ていたら、ほぼ無知の僕も知っている曲をかなりやっていて、彼らの「俺はこの場で何を求められているのか分かるぞ」という感じがめちゃくちゃ伝わって来た。苗場食堂で売っていたとろろ飯を食べた。カルチャーショック。その後、レッドマーキーへ移動してneco眠るをチラっと観てミツメ。安定の良さ。行きつけの定食屋で絶対外さない唐揚げ定食みたいになって来た…。let's eat grandmaも気になったけど脱出して木道亭でmei eharaさん。バンドセットだったので1月の歌っこ広場の時とはまた違った感じで良かった。楽器隊がタイトでした。かなり体力回復してホワイトステージに行くもparquet courtsはもう終わっていました。後から知りましたが僕が好きなmaster of my craftからborrowed timeの繋ぎ?も再現していたららしいです。albert hammond jr.のライブ、ハンドマイクでガンガンいきり倒していて良かった。ずっと志村けんに似ている人という印象だったけど別に似ていない。その後はtune-yardsを観にレッドマーキーへ、と思っていたけど、この頃になると僕は立ったまま寝たりしていて体力的にもかなり辛くなっていたのでホワイトステージへ居残りエレファントカシマシへ予定変更。ギターの人がまたイジメられていた。一曲目からeasy go、奴隷天国、rainbowと続いてかなり良いと思ったのですが音響がイマイチな感じもしました。あとめちゃくちゃ人がいて溢れかえっていた。もっと大きいステージでやれ。マックデマルコを観にレッドマーキーへ移動。リハーサルの時点から屈強な不良外国人みたいな客が大勢いて普通に客席で煙草とか吸ってfoooooo!!!!と叫んでいるので恐ろしい。マックデマルコ、この日観た中で一番良かったです。フェスとは思えない程のグダグダな雰囲気の中でも全部許せてしまうあの感じ。ステージの横に彼女とその友達を連れてきて酒盛り始めててすごく良かった。見た目も動きもギターの弾き方もどこかで見たことあると思ったけどあれは原田くんだ。原田くんにそっくりだ。あのでかい子どもみたいな感じは海外版の原田くんだと思いました。ポスト・マローンが最後ら辺にふら〜っと出てきて僕の後ろにいた外国人の女が「わ〜〜〜〜〜お!」とマックデマルコが出てきた時の10倍興奮していた。最後の謎の大団円な雰囲気もハッピーしか存在しない平和な世界でした。あ〜また観たいな〜。ガパオライスを注文しパクチー信者の奥さんが「パクチーたくさん…」と独り言のように呟いたらお店の店主が店員に圧力をかけ、奥さんは大量のパクチーをのせてもらっていた。申し訳ない。ガパオライスは玉子の固さが絶妙だった…。そして最後は苗場食堂で待望のwool & the pantsを観ました。あの仙人のように悟りを開いた演奏というか、タイトだけど温かみもある感じがめちゃくちゃ良い。ボーカルの人が石川さんの生き写しかというくらい似ていた。あと、ここ含めて行くところ行くところにタッツがいた。越後湯沢駅からタクシーで宿へ。2500円くらいかかって頭がフラフラした。宿は「どういう気持ちでこれを作ったんだ」という展示や電飾があって若干の趣味の悪さは露呈していたものの、部屋は和室で広いし風呂は24時間いつでも入れたので、趣味の悪い展示や装飾くらい見なかったことにすることは容易でした。朝飯が美味しくて食べ過ぎたら一気に腹がおかしくなりました。ここは新潟の朝食ランキング1位のホテルなのでそうなるのも仕方ありません。種類が多過ぎて全部食べれなかったんですが、カレーとネギトロといか明太を一緒に乗せて食っている男がいて「気持ち分かる…」と思いました。ワッフルも自分で焼けるとのことなのでテンションが上がりましたが僕がトイレに篭っている間に奥さんが焼いていたので僕は食べるだけでした。

2日目。レッドマーキーシャムキャッツを観て、そこからかなり時間が空いたので奥地へ行く。太鼓とか好きに叩いて良いエリアがあったのでめちゃくちゃ叩いてストレスを発散してやった。そのあとはヘブンへ行きランチョアパルテ。想像以上に良かった…。あの自然と笑ってしまう感じ、ああいう感情を僕はどこへ忘れてしまったのかな…と思わせてくれるライブでした。ラムチョップとかいう食べ物。30分くらい並んで食べれた。足が棒に…。ホワイトステージへ移動してスタークローラー。全員のキャラが立ち過ぎてアベンジャーズみたい。ボーカルの人がモニタースピーカーに角オナしていた。恐ろしい。表現者の塊のようだ。レッドマーキーへ移動してスーパーオーガニズム。今までで一番人がいるんじゃないのか?というくらい人がいて、あまりにも混雑してきたので3曲目で離脱。これだけ混んでるのに普通に椅子を置いてる人がいてとても迷惑。馬鹿野郎!と言いたくなりました。もう我が青春のASHを見にホワイトステージまで行く気力が無かったのでグリーンステージに基地を作りマキシマムザホルモンを観る。めちゃくちゃ笑う。奥さんも楽しそう。遠くから微かに聞こえるASHの遠吠えみたいな演奏。とても悲しい。ホワイトステージ付近で江本さんと会う。めちゃくちゃ軽装で不安になる。ここら辺からポツポツと雨が降ってきて、江本さんはユニコーンを見にホワイトステージへ。僕らはグリーンステージの基地へと戻ります。またどこかで会いましょうと言われたけど会場では二度と会いませんでした。グリーンステージではスクリレックスが登場へのカウンドダウン中。5分前からカウントダウンって長過ぎだろ。音はバキバキのヤバヤバでした。脊髄に直接到達するくらいの勢いでズンズンいってました。奥さんがアンフェアグラウンドへ行きたいと言ってきて実際に向かったのですが、もう雨と風が強くて途中で挫けて戻りました。その後、僕はフィッシュボーンかMGMTかどちらを観るかでずっと悩んでいたのですが、ぶっちゃけこの頃になると雨脚が強くなり過ぎていてどっちでも良いと思い、MGMTを遠目から木の陰で見守るという方向にシフトチェンジ。これは最善策だった!と今でも思います。MGMTはkidsで大盛り上がり。僕は雨が強過ぎてテンションが下がってきました。この前「天気が悪ければ悪いほどテンション上がりませんか?」と問うていましたが上がるわけないです。どうかしていました。少し天気が回復してからのAnd summer club。めちゃくちゃ良かった…。あまり気負いしてない感じや、メンバー全員がキャラ立ちしてて目が離せない雰囲気とかUSインディー、パンク愛みたいなところとか。感動を覚えるレベルで良かった…。PAがナンシーさんだった。終わった後、本当なら5lackやパンピー、プリンセスノキア、アヴァランチーズを観たりしたかったのですが(アヴァランチーズの人は何度も会場で見かけた。アンサマ観ていた)、パレスに行ったらもう心が折れるレベルで雨と風が強くて命の危険すら感じたので売店みたいな建物の中へ避難。バスの始発が5時だからあと5時間ここに居なければいけないという事実に再度心が折れつつ、なんとか耐えます。僕の横で女の二人組が地面で寝だして、その横の兄ちゃんはスーパーカップ大盛りを食べていて、その光景を見たらここはフジロック会場なのか信じられなくなってしまいました。数十分前に雨の中ゾンビのようにトイレに並ぶ人たち見ながら「秩序の無くなったトイレたち…」と奥さんが言っていたけど、もはやここは秩序のない世界だった。その地面で寝ていた女二人組がトイレで歯を磨いていて「地面で寝るくせに歯は磨くんか」と奥さんが言ってて笑う。雨で靴がびちゃびちゃになってしまったので売店でクロックスを購入。出店のほとんどで電子マネーが使えるのですが、ここは現金のみの取り扱いだったので少しだけでも現金持って行って良かった。あと椅子。フジロッカー達の意見をネットで集めていたら椅子は絶対に持って行けと言われていて「椅子?重いから嫌だな」と思いましたが、とりあえず持って行って、これは本当に大正解でした。椅子がなかったら無事に帰ってこれたかも怪しいです。フジロッカーの意見には耳を傾けるべし。第一回フジロックに行った人が「あの時大変だった〜」というのが嫌だとこの間書いたけど、まあ確かに天候がこれだけ悪ければ「いやさ、俺はあの伝説となった第一回フジロックに行ってとんでもなく大変な目にあったんだよ。あったんだけどさ、まあそれも今となってはいい思い出かな?なんて感じてるんだよな〜、バカだよな俺ってさ、わかる?」と人に言いたくもなるよな、と寝ながら思いました。ただ僕にとっては今回の件は単なるトラウマとして刻み込まれているので、奥さんに「来年も行くか?」と聞かれて返す気力もなかったので分からないです。Pavementが再結成して出るなら行きたいなあ〜。

今家で3日目の生中継見てますが家で見るのが良いですね。よく見えますし。終わり。

f:id:chinpan_club:20180729210555j:image

f:id:chinpan_club:20180729210604j:image

f:id:chinpan_club:20180729211650j:image

f:id:chinpan_club:20180729211702j:image