noise pop

自分の生活が第一

札幌に行った(4人)

先週末は札幌へ行ってきた。今回は奥さんの他にミヤサコ(宮田さんとみさこさん)も付いてきて4人で行ってきた。今年既に2回札幌に行っている玄人の奥さんが2人に「札幌はとても良いところ」「案外安く行ける」という事を言ったらなんやかんやで一緒に行くことになったらしい。僕は特に誰にも言ってなかったけど修学旅行のようでテンションが上がっていた。宮田さんがみんなの分のしおりを作ってきたのだけど印刷をミスしてて順番がぐちゃぐちゃだった…。表紙にシールがたくさん付いていた…。今回かなりタイトなスケジュールで、7:40に仙台空港を発つ飛行機に乗らなければいけない。朝早く起きて仙台空港へ。ミヤサコに「僕らは今年飛行機に乗るの9回目くらいだから。まあ僕らについて来れば大丈夫だよ」みたいに若干の先輩面をかましていたところ、保安検査場でチケット絡みのトラブルが発生して検査すら受けられず夫婦共々チケットカウンターまで戻された。その時点で出発10分前。積み上げてきた権威が一気に失墜した気分になる。その後トラブルも解決して搭乗口まで走る、走る、走る…。なぜこんな遠くにゲートを設置したのか担当者に問い詰めたくなるくらい走った…。無事に飛行機に乗り北海道へ。飛行機の中で見る用にとiPhoneアマゾンプライムのブルースブラザーズをダウンロードしていて準備万端だったのだけど寝てしまったので1秒も見ずに北海道に着いた。まだ朝の9時前ということにものすごさを感じ、そのまま札幌まで移動して海鮮丼を食べに行った。千歳は全く雪が無かったのだが、札幌はめちゃくちゃ吹雪いていた。前に進むのも一苦労で、これはヤバイな…と一同が困ったいたら奥さんが「後ろ向きに歩けばいいんだ!」と近所の小学生みたいなことを言い出し、この人は何を言っているんだ…と苦笑いを浮かべていたらミヤサコが「なるほど!」と同調して暫く3人で後ろ向きに歩いていた。こんな話をちびまる子ちゃんで読んだ気がする。しばらく歩くと市場が見えてきた。今回は3000円の海鮮丼が500円、1000円のパフェが100円になるという結構お得なプランが付随してくる旅。早速席について3000円の海鮮丼を注文し、ふと壁に貼られた色紙を見たら全く知らない韓国の有名人のサインが大量に並んでいて違和感しかなく「どういう店だ…」と思い違う壁を見るとそっちには「タイのメッシ」と呼ばれる人のサインが飾ってあった。日本人は来ないのでしょうか。3000円の海鮮丼がやって来た。美味しいのだけどご飯が多いので皆が苦戦していた。海鮮丼のご飯は少ない方がいい。会計時、レジ横に大泉洋とか反町隆史夫妻のサインが貼っていた。日本人も来てるらしい。その後は白い恋人パークへ行く。引き続き吹雪いているので本当に白い恋人パークだった。7割くらいが中国からの観光客。その中国人観光客に宮田さんが写真撮影を請け負われカメラを構える光景を遠目に見ていた。入り口にクリオネが泳いでる水槽があり虫眼鏡で見ていたら奥さんが「気持ち悪い!」と叫んでいてびっくりした。飴を作る工程がガラス張りで見学出来て、更に備え付けてあるマイクで話しかければ飴を作っている人が忙しくても応えてくれるらしい。すごい職業だ。尊敬してしまう。奥さんが「ガラナ味の飴はどこで売っていますか?」と他の店員に聞けという内容をマイクで質問していて「これは無視される!」と思ったけど普通に応えてくれていた。ストレス溜まってそう…。絶対にやりたくない仕事だ。札幌市内へ戻り六花亭へ。初めて2階に上がった。ここに来たらバターサンドアイスを食べなければ始まらない。六花亭を出ると外で外国人の4人組がいて呼び止められ「コレハ"ロッカテイ"デスカ?」と聞かれたのでイエスと答えたら狂喜しながら入店していった。ほっこり…。ホテルへチェックインしたあとに1000円→100円のパフェを食べに行く。パフェを食べていたらみさこさんが「寒い…寒い…」と呟いていて、おそらく座った場所が換気扇の下だからだと思う。ポジションが悪かったな。そのあと皆がお土産を見ている間にサッとフレッシュエアー(レコード屋)へ移動。制限時間15分で色々見る。楽しいが短い。なんかブックオフでCDだったら500円で購入出来る名盤ばかりを購入した。Polyrockの2nd安く買えて良かったな。そして「みよしの」の餃子カレーを食べる。カウンターしかない店内で知らないおっさんを挟んで2:2で食べる。こっちは別に構わないのだけどおっさんが気まずそうだ。この頃になると皆の腹も膨れてきてカレーを残しそうだったので「ご飯残すなら俺が食べるよ」と3人のご飯を少しずつもらって全て完食した。皆が若干引いているのが感じ取れた。確実に腹がバカになっている。どこまでもいける気がする。そして3人と合流して豊平館という場所に向かう。国指定重要文化財らしい。今夜はここでSTUTS + Alfred Beach Sandalのライブがある。ものすごい偶然…。たまたま札幌に4人で遊びにきててその夜に札幌市内でAlfred Beach Sandalのライブあるのヤバくないですか!?と声を大にして伝えたい…。夜になると降り積もった雪が凍り出して路面がスケートリンクみたくなってきた。札幌の人もペンギン歩きになっている。豊平館へ到着。二階へ上がると大正時代そのまんまな薄暗い部屋にスピーカーやらが物々しく設置されていた。お洒落な人が多い。シャンデリアの真下に立っていたら奥さんが「そこに立っているとシャンデリアが落ちてきたときに即死する」と物騒な気遣いをしてきた。金田一少年の事件簿にこんな話ありましたね…。被害者の名前は日高織江。ライブが始まった。ビーサン・北里さんがスタッフ3人くらいに付き添われて入ってきた。ものすごいオーラだ…。演奏が始まると、もうそれは当たり前のように良いのだけど音が少し大きい気がして「大丈夫か?」と心配してしまった。歌っこ広場をやるとき、どうしても近隣への音の配慮ばかりに気がいってしまい、あまりに爆音だと外に出て警察が来ないかチェックしてしまうから…。北里さんの演奏は会場の雰囲気と見事に調和してて夢見心地な空間が広がっていた。とても良かった。転換中、みさこさんの生き写しとしか思えないお客さん(札幌のみさこ)を発見して思わず二度見してしまう。似てるとかじゃなくてもう鏡だった。札幌のみさこ…。ここ最近で1番驚いた…。そしてSTUTSの演奏が始まったのだけど、これがかなりの爆音で会場がビリビリに揺れてて心配から一気に不安にまでなってしまった…。お客さんもクラブとかライブハウスのノリで盛り上がっている。面白い光景だけど会場の不安ばかりが頭によぎってしまう…。途中、ビーサン北里さんが参加して何曲かコラボしていた。それがかなりカッコよくてビックリしてしまう。奥さんもミヤサコも衝撃を受けていたっぽくて帰り道ずっと「今何やってんのちょっと〜♪」と歌っていた。帰り道というか仙台に着いてからもその部分だけ延々と歌っていたので少し頭がおかしくなりました。そしてライブが終わったあとに北里さんに話しかけて「なんで札幌にいるの!?」と驚かせてやろう…というのが当初の我々の思惑だったのだけど、いざ話しかけたら「おっ、ああ…」と少しの驚きの後、すぐに体勢を立て直しましたみたいな反応だったので負けたと思った。ライブが終わり、24時間やっているサンドイッチ屋・サンドリアへ向かう。そこそこ遠い上に路面が凍結しているので全員ペンギン歩きで向かった。これを乗り越えれば…と思い頑張って歩いたのだけど、店の灯りが24時間営業なのに消えていてえっ!と思い近づくと「移転作業のため休業」という、現段階で最高最大の仕打ちを喰らい呆然と立ち尽くした。4人で怒り狂ったままペンギン歩きで移動して台湾料理のごとうへ。前回札幌に来た時にも行ったお店だけど、料理がかなり美味しい。先日、あまりの不味さに笑いが止まらなくなった仙台の台湾料理屋のおかげで、台湾に若干の苦手意識があったのだけどこのお店の料理は美味しい…。こちらの予想通り宮田さんが内装を気に入っていた。店内BGMは店主のiPhoneから流していて、それが台湾のインディー・メジャー問わない居心地の良い僕の知らない音楽ばかりだからずっとShazamしてしまう。ホテルへ。セイコーマートでソフトクリームを購入。寝る。

翌日。昨夜購入したソフトクリームを入れたのが冷蔵庫だったのでベチョベチョに溶けててその様が軽くトラウマものだった。泣く泣く処分。ホテルを出てお目当ての喫茶店を探すが、休みだったりめちゃくちゃ混んでいたりしたので以前行った喫茶店へ行く。後から奥さんと「あの喫茶店は蛇足だったな…」という話をした。新千歳空港へ。奥さんが「あっ!」と声を上げ1人の男性に声をかけると北里さんだった。よく後ろ姿だけでわかるな。北里さんにはパンロールをお勧めしておいた。立ち食いの寿司屋に行き、その後ソフトクリームを食べた。ここのソフトクリームを前回食べた時に僕はあまりの美味しさに概念覆されるくらいの衝撃を受けており、今回の旅の最大の目的はこれだったのだ…。皆も美味しい美味しいと言ってくれて満足だな、と思っていたら量があまりに多いため皆がどんどん無言になっていった。あれの小さいサイズがあればバカ売れすると思う。とある土産屋に置いてあったペッパー君がものすごい感じで幽閉されており裏に閉まっておけと思った。そして時間になり飛行機は仙台へ。今回はスムーズに乗れて良かった。帰路でもブルースブラザーズは1秒も見なかった。後で見ます。来年の春にまた札幌行きたいですね。誰かライブやっててください!楽しかった〜〜〜!終わり。

f:id:chinpan_club:20181207145519j:image
f:id:chinpan_club:20181207150701j:image
f:id:chinpan_club:20181207145727j:image
f:id:chinpan_club:20181207145723j:image
f:id:chinpan_club:20181207145719j:image
f:id:chinpan_club:20181207145523j:image
f:id:chinpan_club:20181207145515j:image
f:id:chinpan_club:20181207145715j:image

写真:奥さん、ミヤサコのどっちか